カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 検査 >
  6. 心臓の状態がわかるBNP検査~心筋梗塞や心不全を防ぐために~

生活習慣病

心臓の状態がわかるBNP検査~心筋梗塞や心不全を防ぐために~

心臓の検査は主に心電図などですが、血液検査も重要な検査の一つです。最近注目されている心臓の検査の一つに、BNP検査があります。

 

心不全の病態把握から診断へ

BNPとは、脳性ナトリウム利尿ポリペプチドという心臓で分泌されるホルモンの一種。心筋梗塞や心不全で心臓に負担がかかると、血液中に出てきます。

 

したがって、BNPが高いことは、すなわち心臓に負担がかかっていることを示します。そのため、以前は心不全の病状を把握するための検査でしたが、最近では診断に使用されることが増えてきました。

 

自覚症状が出る前に、心不全などの心機能低下を早期発見できるので、2007年から保険でも診断のための使用が認められています。

 

BNP値と心臓の状態

18.4pg/dl未満:基準値

心疾患の有無はわからないが、慢性の心不全はない

 

40pg/dl以上100pg/dl未満:要観察

心疾患の有無はわからないが、慢性の心不全はないことが多い

 

100pg/dl以上200pg/dl未満:要精密検査・要治療

心疾患あり。多くは無症性の心不全

  

200pg/dl以上500pg/dl未満:専門医の治療が必要

心疾患があり、心不全の可能性がある

 

500pg/dl以上:厳重な治療を要する

心疾患があり、重症の心不全

 

人間ドッグの項目をチェック

BNP検査は人間ドッグなどでも項目に加えられている場合もあります。心疾患の目安となるBNP検査ですが、より一般的になることが期待されています。

 

健康診断や人間ドッグを受ける場合には、BNP検査があるかチェックしましょう。 

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

血液で分かる心筋梗塞マーカー検査

  心臓の検査は、心電図や心エコーなどの大掛かりな装置を使った検査が多く、検査...

心電図の種類*ホルター心電図とは?

  心疾患が疑われた時、心臓の状態を診る検査としてホルター心電図の測定が行われ...


カテーテル検査にかわるマルチスライスCT

狭心症などの心臓の検査では、造影剤を注射し、手足の動脈からカテーテルを入れる心...

心臓病リスクをセルフチェック!

心臓病は、なりやすい人となりにくい人がいます。遺伝的なものもありますが、糖尿...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る