カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. 紫外線対策 >
  4. 時期 >
  5. 夏はB波、冬はA波!~紫外線の種類

美容・ダイエット

夏はB波、冬はA波!~紫外線の種類

 

夏と冬の紫外線はその性質が少し違います。それは単純に夏の方が紫外線の量が多いということにとどまりません。

 

 

2つの紫外線

そもそも私たちが地球上で受け取る紫外線は紫外線A波と紫外線B波にわけられます。紫外線AB波よりも波長の長い光で、日焼けの肌の黒さを作り出したり、シミの原因になるのはこの紫外線です。この紫外線A波はガラスを通過しますので、屋内にいてもこの紫外線に影響を受けることがあります。一方紫外線Bは波長の短い光で、日焼けによる肌の赤みといった火傷のような症状を引き起こすのはこの紫外線です。紫外線B波はガラスを通過しませんが、波長が短いために乱反射によって日陰にもこの紫外線が達することが比較的多くあります。どちらも夏あたりに紫外線量が最大になり、冬には落ち着くといったことは変わりません。

 

夏はB波が多い

紫外線A波とB波を比較すると、夏は相対的にB波の方が多くなります。夏に海やプールで日焼けして、肌が火傷したようにヒリヒリすると言った経験をしたことがある人は少なくないでしょう。こうした即時的な症状が見られやすいのが紫外線B波で、目に見える症状がすぐに見られるために紫外線に意識が向くということもあるようです。ちなみに日焼け止めに書かれているSPF値はこの紫外線B波に対する防御能力のことを指しています。

 

冬はA波が多い

どちらの紫外線も冬には量が減りますが、紫外線B波の方が変動が大きく、相対的に冬には紫外線A波の方が多くなります。紫外線A波はB波のように即時的な症状があらわれません。そのため、油断して浴び続けていて相当量の紫外線を浴びていたということも十分にあります。

 

 

紫外線で最も気になるのがシミやしわの原因になるA波ではないでしょうか。その場合、やはり冬でも紫外線対策は怠れませんね。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2013/09/17-382082.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

時期に関する記事

どの季節が最も紫外線が強いのでしょう?季節ごとの紫外線の特徴

晴れた日は日光にあたり、気分をリフレッシュさせたいところですが、日光に含まれる...

夏バテ防止!ウォーキング中の熱中症には気をつけて!喉が渇かなくても定期的に水分摂取を

  夏に多くの患者数を出してしまう熱中症の症状。 重度の場合には、入院を...


住む地域で紫外線量も違う?紫外線の強い時間帯・地域・注意点

紫外線は日光に含まれる肌や髪の老化を促進するもので、紫外線から皮膚や髪を守るこ...

「生理前の肌」は紫外線に弱くなっている!?生理前は特にしっかりとUVケアをして!

     女性は日によって、「日焼けをしやすい日」があるということを知っていまし...

カラダノートひろば

時期の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る