カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 特別養護老人ホーム >
  5. 収入、課税状況によって異なる?特別養護老人ホームの月額料金

介護・認知症

収入、課税状況によって異なる?特別養護老人ホームの月額料金

 

特別養護老人ホームとはいわゆる有料老人ホームと呼ばれているものとは違います。有料老人ホームでは入居一時金が必要ですが、特別養護老人ホームでは必要ありません。入居に必要な月額料金は家賃をはじめとして管理費や食費、水道光熱費、その他雑費が含まれます。

 

 

特別養護老人ホームの月額料金は被介護者本人や介護者を扶養する義務のある家族世帯の収入、課税状況によっても異なりますし、部屋の形態によっても異なります。こうした料金は場合によっては結果的に有料老人ホームと変わらないくらいの金額になることもありますので、事前によく確認するか、よく分からない場合はケアマネージャーなどに相談してしっかりと確認することが重要です。ここではあくまでも目安ですが、部屋の形態による差異をご紹介します。

 

従来型多床室

つまり相部屋のことで、数人の人が同じ部屋で生活する形態です。これはもちろん一番低価格の部屋の形で、要介護の程度によって段階的に異なりますが、7万円から8万円が目安の金額です。

 

従来型個室

個別の部屋でプライバシーが守られますので、こうした部屋の人気は高いですが、もちろん家賃は高くなります。これも要介護の程度によって段階的に異なりますが、9万円台から10万円台が料金の目安です。

 

ユニット型準個室

ユニット型準個室とは、少人数のケア体制でサービスが行われるものです。準個室ですから完全な個室ではなく、天井との隙間がある固定壁で仕切られおり、共有スペースもあります。料金の目安は段階的に変わりますが、11万円から12万円くらいの金額です。

 

新型ユニット個室

共同生活のスペースを中心として個室が配置されているものです。近年非常に人気がでてきているタイプです。このタイプは12万円から13万円の間くらいが料金の目安です。

 

 

食費は部屋の形によって差はありませんから、これらの差は単純に部屋の形態の差であると言えます。また施設によっても、サービス内容によっても大きく違いがありますから近くの施設などに確認しておくことが重要です。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/04/09-016578.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

特別養護老人ホームに関する記事

特養に入所する際の流れ

特別養護老人ホームは、特養と言われることもある老人ホームの代表格のような施設...

老人短期入所運営やデイサービス…介護サービスを利用しよう!

  特別養護老人ホームは誰でも入所できるわけではありません。介護が困難な人から...


人気があるユニットタイプの部屋のメリット・デメリットとは!?

  特別養護老人ホームの月額料金は、利用する部屋のタイプによって大きく異なりま...

特養って聞いたことある?特別養護老人ホームについて-基礎知識編-

 「特養」「特養ホーム」とも呼ばれる、特別養護老人ホームについて説明します。...

カラダノートひろば

特別養護老人ホームの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る