カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護老人保健施設 >
  5. 入所したときから退所を目標にする?介護老人保健施設の位置づけ

介護・認知症

入所したときから退所を目標にする?介護老人保健施設の位置づけ

 

老健と呼ばれることもある介護老人保健施設は介護保険による施設サービスのひとつです。同じような施設サービスである特別養護老人ホームと比べると医療ケアの点において勝っており、病院まではいかずとも自宅でのケアよりもより専門的なケアを受けることができます

 

 

介護老人保健施設の位置づけ

介護老人保健施設はリハビリを中心とした医療サービスを提供しており、入所して医療的なケアを受けるものですが、永続的に施設に腰をすえるわけではなく、基本的な方針としては在宅での生活への復帰を目的としています。このため入所期間は3ヶ月から半年、長くても1年未満とされています。

 

そのため

施設には看護師や介護職員だけでなく、医師、理学療法士、作業療法士といったリハビリに特に特化した職種が多く配置されています。他にも施設内での日常生活に必要な食事や入浴、排せつなどの支援や援助も行っており、栄養士や支援相談員、ケアマネージャーなどの協力もあります。特に、介護老人保健施設は入所したときから退所を目標にしていますので、退所後の日常生活に支障がないように担当のケアマネージャーなどと連携し、介護者やその家族も含めた生活を指導支援していくことは重要です。

入所期間は長くて1年未満と書きましたが、もしその間に在宅での生活へ戻ることが難しいとされた場合にはこうしたケアマネージャーなどと相談して、有料老人ホームなどに転居するといった選択肢を考えます。

 

 

介護に関する入所施設は非常にたくさんありその種類も豊富です。そのためこうした施設の位置づけをあらかじめ知っておくことは非常に重要です。制度なども複雑化していますので、必要に応じてケアマネージャーに相談するのがよいでしょう。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2006/10/06-000288.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

介護老人保健施設に関する記事

まずはどうすればいい?介護老人保健施設の活用法について

 介護老人保健施設の役割・メリットを挙げます。 これを参考に施設の利用を考...

入所者とその家族の役割とは

  数ある福祉施設の中のひとつが介護老人保健施設です。これは介護保険制度によっ...


入所前に確認しておきたい!介護老人保健施設の注意点

 介護老人保健施設を利用する際の注意点を挙げます。   費用が高め 介...

介護老人保健施設の医療ケアの特徴

  介護老人保健施設は医療ケアをしてくれるという点がとても特徴的です。   ...

カラダノートひろば

介護老人保健施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る