カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護老人保健施設 >
  5. 医療費の他にかかる費用とは?介護老人保健施設の費用について

介護・認知症

医療費の他にかかる費用とは?介護老人保健施設の費用について

 

介護老人保健施設とは在宅と病院の中間的な位置づけにあり、一定期間の医療ケアによって在宅での生活の復帰を目指すもので、リハビリを中心として医療ケアを行います。

 

 

費用

有料老人ホームなどで必要な入居一時金は介護老人保健施設では必要ありません。月額利用料は被介護者本人や扶養義務のある家族の世帯収入、課税状況などの他、部屋の形態によって異なりますが、家賃、管理費、食費、水道光熱費、雑費が月にかかる料金です。

 

医療費

同じような介護施設でも特別養護老人ホームの場合は医療費は自己負担になりますが、介護老人保健施設の場合は医療ケアを目的として入所しますので、医療費は月額費用に含まれているようです。また、介護老人保健施設の常駐する医師の指示で、外部の病院での検査を受ける必要がある場合は、いったんは自己負担で医療費を支払いますが、その後介護老人保健施設に申請して払い戻しがなされます。ただし、介護老人保健施設の医師の指示の外での外部病院の受信については原則として払い戻しはされません。

 

医療費以外

介護保険が適用される施設のため、介護サービス費の負担は軽いですが、家賃や食費などについては自己負担になります。ただし、こうした費用については市町村に申請して負担が軽くなる場合もあります。最近では部屋のタイプが多床型や個室型に加え、ユニット型といったタイプの部屋が増え、特別個室の差額室料を設定している施設が増えています。また散髪や日用品、レクリエーションや行事にかかる費用などにかかる料金が別になっている施設が多いです。

 

 

こうした自己負担分は後から気づく部分の大きいので、あらかじめケアマネージャーと相談しておくことが重要です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/11/05-030172.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護老人保健施設に関する記事

介護老人保健施設(老健)の基礎知識

 「老健(ろうけん)」とも呼ばれる、介護老人保健施設の特徴をまとめました。 ...

入所者とその家族の役割とは

  数ある福祉施設の中のひとつが介護老人保健施設です。これは介護保険制度によっ...


入所したときから退所を目標にする?介護老人保健施設の位置づけ

  老健と呼ばれることもある介護老人保健施設は介護保険による施設サービスのひと...

介護老人保険施設(老健)ってどんなところ?介護保険の施設について

    介護保険施設には何種類かありますが、それぞれ違った目的をもっています...

カラダノートひろば

介護老人保健施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る