カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護療養型医療施設 >
  5. 「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」の違いについて

介護・認知症

「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」の違いについて

 

介護療養型医療施設は、介護老人保健施設と同様に介護保険における施設サービスのひとつです。名称の通り、療養や医療サービスに重点をおいた施設です。

 

 

介護療養型医療施設は療養病床と老人性認知症疾患療養病棟の2種類があります。

 

療養病床

病状が安定している要介護者に対して、療養上の体調管理、看護や医療的な管理の中での介護やリハビリなどの医療ケアを行う施設を指します。高齢者は全体的に身体の機能低下が起こっており、病気を発病するとそれが長期化することが多く、病気をきっかけにして寝たきりになってしまう人も少なくありません。こうした場合に必要なのが長期的、継続的に介護型の医療ケアを行うことで、これによって身体機能が一気に低下していってしまうことを予防します。

 

老人性認知症疾患療養病棟

この施設は認知症を有する要介護者に対して、入院という形をとりながら、療養上の医療的管理、看護の下、介護やリハビリといった機能回復の訓練を受けることのできる施設です。特に認知症を発症している場合、在宅での介護が非常に困難になる場合があります。というのも認知症の症状として幻覚や被害妄想、徘徊などが生じ、それに対応する家族の負担が大きくなるからです。認知症は表面的には精神的な疾患に見えてしまうことで、介護者は苛立ちや不満をつのらせがちですが、実際は身体的な疾患ですから、対応の仕方によって症状が軽減したり、消失したりすることもあります。そのため、家族での対応が困難あるいは要介護者に対して良い影響を与えないと考えられる場合は老人性認知症疾患療養病棟が一つの選択肢になります。

 

 

医療ケアに特化したと言っても良い介護施設ですので、いくつかある介護施設の中でも最も手厚い医療サービスを受けることができます。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2008/06/04-004604.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護療養型医療施設に関する記事

医療行為を必要ないのに長期入所?廃止に向かう介護療養型施設

  介護療養型医療施設とは介護保険の介護給付によって受けられるサービスであり、...

「介護療養型医療施設」への入居はどんな人が対象なの?

  介護療養型医療施設とは、医療サービスに重点を置いた介護施設です。看護や医学...


介護療養型医療施設のここに注意!きちんと理解して正しく利用しよう!

 介護療養型医療施設を利用する際に気を付けたい点をまとめました。   1...

介護療養型医療施設を知ろう!入所条件は?費用は?

介護療養型医療施設の概要をまとめました。   医療面の充実が特徴 介護療養...

カラダノートひろば

介護療養型医療施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る