カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 介護施設 >
  4. 介護療養型医療施設 >
  5. 医療行為を必要ないのに長期入所?廃止に向かう介護療養型施設

介護・認知症

医療行為を必要ないのに長期入所?廃止に向かう介護療養型施設

 

介護療養型医療施設とは介護保険の介護給付によって受けられるサービスであり、病院に入院している状態とほぼ変わらない医療行為を受けながら、介護を受けて生活をすることができます。

 

 

介護療養型医療施設は病院に併設していることが多く、一般の病棟から介護療養型医療施設に転換したという場所も少なくありません。そのため外来診療を行っている場合もあり、一見すると普通の病院なのか介護療養型医療施設なのか分からないところもあります。

 

想定

介護療養型医療施設の入所者は特別養護老人ホームや介護老人保健施設の入所者よりも、寝たきりであるなどして介護度が高く、長期間にわたる介護や医療ケアを必要とする高齢者の利用を想定していました。実際施設によっては、看取りやターミナルケアにも対応してくれることがあります。

 

混在

介護療養型医療施設はどのような入居者を受けいれるかによって2種類に分けることができます。通常の療養が必要な場合は療養病床、そして認知症などを発症している方を受け入れる施設は老人性認知症疾患療養病棟です。このうち療養病棟は、普通の病院の療養病棟と区別して介護療養病棟と言われることがあります。しかし、普通の病院の療養病棟と介護療養病棟はその機能が似ており、同じ施設に治療を目的とした患者と、介護を目的とした要介護者が入院(入所)していることもあるため、その境界があやふやになってしまっています。

 

社会的入院

また医療行為を必要としないにもかかわらずこうした施設に長期入所してしまうという問題もあります。治療によって医療行為が必要ないまでに回復しても、その後の受け入れ先がないなどの理由によって病院にとどまらざるを得なくなると言ったケースです。

 

 

そのため、こうした問題を抱える介護療養型医療施設の療養病床は、厚生労働省により現段階では廃止の方向に進んでいます。今後は介護老人保健施設(老健)の医療面をより充実させた新型老健への転換が予定されています。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/03/17-359579.php])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

介護療養型医療施設に関する記事

介護療養型医療施設のここに注意!きちんと理解して正しく利用しよう!

 介護療養型医療施設を利用する際に気を付けたい点をまとめました。   1...

「療養病床」と「老人性認知症疾患療養病棟」の違いについて

  介護療養型医療施設は、介護老人保健施設と同様に介護保険における施設サービス...


「介護療養型医療施設」への入居はどんな人が対象なの?

  介護療養型医療施設とは、医療サービスに重点を置いた介護施設です。看護や医学...

カラダノートひろば

介護療養型医療施設の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る