カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 原因 >
  5. 背骨がまっすぐな人は腰痛になりやすい?

関節痛・腰痛

背骨がまっすぐな人は腰痛になりやすい?

■背骨のS字カーブは重要

腰痛の方に時々見られるのは「ストレートバック」です。
いわゆる脊柱(背骨)がまっすぐになってしまった状態です。
正常な脊柱を真横から見た場合、頸椎が前方、胸椎が後方、腰椎が前方とS字状のカーブになっています。
このカーブがバネの役割となって腰部でクッションの役割をしているのです。
上半身の体重は主にこの脊柱のS字状カーブと腹筋、背筋によって支えられていて、腹筋や背筋の筋力が弱くなると脊柱への負担が強くなり、体重を骨だけで支えようと脊柱が徐々にまっすぐに変形してくることがあります。
これがストレートバックと呼ばれる状態で、腰部の可動域が狭くなり、柔軟性もなくなることから腰痛を引き起こす原因となりえます。
ひどい場合はただ座っているだけ、立っているだけでも腰痛が起きることもあり、側わん(背骨が左右に曲がる)や亀背(背中が丸まってしまう)に発展してしまう可能性も高くあります。

■人間の体は絶妙なバランス

人間の体は非常に絶妙なバランスで保たれています。
腰痛を放っておくことは身体のバランスを崩すことにつながります。
まずは脊柱を安定させるためにも普段から筋肉を鍛え、予防をしておきたいものです。

■毎朝たった10分で「腰痛知らず」に

●腰痛体操
1.仰向けになり、両ひざを立てる
2.へそを覗きながら状態を少し起こす
3.元に戻り、今度はお尻だけを持ち上げる
4.お尻を戻し、両ひざを抱え込み、上体も丸めるように少し起こす
このエクササイズによって、腹筋周辺が鍛えられるのと同時に、腰回りのストレッチにもなります。
短い時間でできるので、朝起きたときや夜寝る前にオススメのエクササイズです。

著者: くまさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

原因に関する記事

幼少期の激しい運動が原因?!腰椎分離症

「腰椎分離症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?腰椎の分離とは、腰椎の...

関節を損傷することで発生する関節痛!その原因と症状について

  関節に痛みを感じる最もスタンダードなケースが、関節を何らかの原因で損傷...


正しい運動で腰椎分離症を防ぐ!

腰痛に悩まされレントゲンを撮ったら、腰椎分離症だと診断される人も多いようです...

ウィルスを退治するための発熱が関節痛を誘発?!

    ウィルスに感染すると人体は、感染したウィルスを退治するために体温...

カラダノートひろば

原因の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る