カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 肩こり >
  4. 検査・治療 >
  5. 肩こり治療として肩を揉むのはNG?

関節痛・腰痛

肩こり治療として肩を揉むのはNG?

 

肩こりがひどいと、自然と肩の筋肉をほぐそうと揉んだり叩いたりします。実際に肩こりの痛みやだるさ、重さは肩の筋肉が緊張することによっておこる血行不良で起きていますから、こうした対処方も間違いではありません。

 

 

肩を揉むこと

肩を揉むことは肩こりを解消する方法として間違いではないのですが、完璧に正解とも言えません。おそらく、肩を毎日揉んでいたら肩こりがなくなったという人はほとんどいないと思います。肩を揉むことはそれで肩こりを解消するというよりも、肩こりに対処しているだけにすぎません。そのため効果を感じられるのもその時だけで、時間が経てばすぐに元の肩こりの状態に戻ってしまいます。

 

根本を治さなければ

結局、肩の血行が悪くなるのには何らかの原因があるからなのです。長時間同じ姿勢をしていて、肩の筋肉が緊張してしまうこともそうなのですが、それには体の歪みや姿勢の悪さが伴うことが多くあります。そうした場合は体の歪みや姿勢の悪さが肩こりの根本的な原因で、その症状として肩の筋肉の血行不良が起きていますので、歪みや姿勢の悪さを治さない限り、症状として出てきている肩こりには対処しているだけの状態になってしまいます。

 

特に女性

女性は首が細く、筋肉があまりついていませんので、重い頭を首の骨でうまく支えることがより必要になります。そのため歪みや姿勢、さらには冷えやブラジャーの締め付けによる血行不良などの要因が肩こりの根本原因になることがあります。

 

 

揉んだり叩いたりは確かにこった肩には気持がよく、体の歪みや姿勢の悪さを矯正することは肩こり解消の気持ちよさを感じにくいため、あまりそちらに目が向きませんが、元を立たなければ同じことを繰り返すだけです。まずは根本原因が何なのかを見極めるようにしましょう。

 

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/07/21-024601.php?category=265])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査・治療に関する記事

現代人に多い!ストレートネックによる肩こり

  肩こりの原因として最近多くなってきたのがストレートネックです。これは首の痛...

自分に合った両方を試してみよう!肩こりの治療いろいろ

    日本人の7割は肩こりがあるそうです。   街中を歩けばカイロ...


有名=腕がいい訳ではない!?治療院選びのポイント4つ!

     日本人の肩コリ総人口は3000万人を越えると言われています。  ...

肩こりに効果てきめん!?鍼灸治療の良くあるQ&A!

    昔から肩コリには鍼灸治療がいいと言われています。   鍼を受けたことが無...

カラダノートひろば

検査・治療の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る