カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. PM2.5 >
  5. 中国のPM2.5による汚染が深刻化!原因や中国の取り組み

気になる病気・症状

中国のPM2.5による汚染が深刻化!原因や中国の取り組み

 

 

中国からのPM2.5による大気汚染がまた深刻になってきているようです。

 

現在、中国の最北東部に位置する黒竜江省のハルビン市では、大気中のPM2.5の濃度が計測不能の値になっているそうです。現在の値は1立方メートル当たり1000マイクログラムを超えており、現在の中国の基準値は1日平均で75マイクログラムのため、基準値を大きく上回っている状況です。

 

黒竜江省のハルビン市のPM2.5大気汚染状況

・市内は有害物質を含むスモッグにおおわれている。

・スモッグにより10メートル先も見えない状況。

・出歩くこともままならない状況。

 

今回の大気汚染の原因

自動車や工場からの排気ガスから出されるPM2.5に加えて、石炭による暖房が集中的に始まったためと言われています。

 

現在のハルビンの状況

ハルビン市内の空港、高速道路は視界が不良で危険なため閉鎖、学校関連も全て休校になっているそうです。

 

中国ではPM2.5の被害が始まったころより、呼吸器疾患での医療機関への受診、呼吸器疾患による死亡者は増え続け、外出には防塵マスクが必須のようです。

ある医療機関で診察を受けた少女の気道は、通常であれば、幅1cm程度あるはずの気道が2.34mmしかない状態で、10歳にも関わらず、70歳~80歳のような呼吸音をしていたそうです。

 

PM2.5に対する中国の取り組み

・環境性能の悪い自動車の削減

・燃料の置きかえ(石炭⇒天然ガスなど)

 

中国では、PM2.5の基準を下げることを計画しているが、実際に計画が実行されるまではには、まだ時間がかかる模様です。

 

このPM2.5による大気汚染被害は、中国国内だけでなく、偏西風が吹く季節には風に乗って、日本までやってきます。

冬になると、こういった暖房の利用が増え、被害はますます深刻化することが考えられます。対岸の火事ではなく、世界的に本腰を入れて、真剣に考えていかなければ取り返しのつかない事態になってしまいます。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/04/01-346300.php)

著者: whotanさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

PM2.5に関する記事

お出かけ時のPM2.5対策

  毎日ニュースなどで話題になっているPM2.5。最近ではスギ花粉と同等以...

黄砂や花粉に付着して浮遊する?~PM2.5の濃度分布と対策~

  最近、毎日のようにニュースでPM2.5濃度の観測データや情報が放送され...


PM2.5(微小粒子状物質)とは?

昨今、ニュースや新聞で毎日目にするPM2.5(微小粒子状物質)。大気汚染は健康被...

PM2.5や黄砂の喉あれ対策におすすめのグッズや食べ物

PM2.5や黄砂など、微細な塵は人間の鼻や喉の粘膜に影響を与えることがあります...

カラダノートひろば

PM2.5の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る