カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 知育 >
  4. 集中力を高めたり自己管理能力を育てる!片づけで知育しよう!

育児・子供の病気

集中力を高めたり自己管理能力を育てる!片づけで知育しよう!

近年、片づけに関する書籍が人気です。書店ではさまざまな片づけ術の本が並んでおり、需要が高いことをうかがわせます。

家が片づいているとスッキリするだけでなく、人生のあらゆる面に影響してくるということを肌身で感じます。

片づけの習慣は小さいうちからつけておくほうが本人にとって苦労が少なく済みますし、自立に向けての知育にもなります。

 

■空間認知能力を育てる

プリントやノートなどたくさんのものを自分で片づけ、場所を把握し必要なときに取り出せるようにしておくことは、空間認知能力を育てます。

この能力は問題の本質をつかんだり、スポーツで的確なプレイをすることに役立ちます。

 

■集中力を高める

雑多なものが無くスッキリ片付いている空間にいることで、余計な情報をキャッチすることが少なくなり、必要なことへの集中力が高まります。

また、精神的に落ち着き、人の話をよく聞けるようになることもあります。

 

■学習時間が増える

人は人生の多くの時間を探し物に費やしていると言われています。

何がどこにあるのかはっきりしていると無駄な時間を使わずに済みます。

また、いつも机の上が片付いているので、「勉強しようと思っていたのにいつの間にか机の片づけをしていた」なんてことも起こらず、すんなり取り掛かることができます。

 

■自己管理能力を育てる

何をどこにしまうか自分で考えたり、必要なもの・不要なものを自分で取捨選択できるようになると自己管理能力が身につきます。

 

知育を行う目的には、最終的には自立した豊かな生活を送れるようにという願いもあるでしょう。

片づけの能力は、将来仕事をする上でベースとなる能力に通じている部分もあります。

小さいうちから片付けの習慣を身につけられるよう、家族みんなで取り組んでいきましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2012/07/30-366334.php])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知育に関する記事

幼児の英語教育はやるべき?年齢別で考える英語教育とその種類とは?

幼児のうちから英語を習わせたい!と、英会話教室に通わせている親御さんも多いで...

幼児期を大切に過ごしたい!子どもの遊びや知育は○○がオススメ!

大切な幼児期。遊びから子ども達はたくさんのことを学びます。五感を鍛えて、友達と...

知育の体験談

子供の個性・・・よそはよそ

ベビーくもんの教室に通い、7か月がたちました。 私たちが通う教室には、もう一組別のママと男の子がい...

食べたら磨こう♪歯磨きイヤイヤ!

生後8ヶ月から、生え始めた息子の歯。 同じ月齢の赤ちゃん達は、息子よりも1ヶ月程早く生え始めていた...

カラダノートひろば

知育の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る