カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. アレルギー(免疫異常) >
  5. 食物アレルギー >
  6. アレルギーかもと思ったら~食事日記をつけてみよう!

育児・子供の病気

アレルギーかもと思ったら~食事日記をつけてみよう!

 

 


■食事日記をつける利点は?
食事日記をつけ始めると、いろいろなことがみえてきます。


<アレルギーの原因となっている食物がわかる>
ある程度つけ続けると何を食べた時にどのような症状が出るか傾向がはっきりしてくるでしょう。


<献立や食材などの偏りがわかる>
毎日違う料理を出しているつもりでも、記録をつけてみると案外同じようなメニューや食材を使用していたりします。同じ食品ばかりたくさん食べていると、その食品に対して過敏になってくることもありますので、チェックしておくとよいでしょう。また、週単位や月単位での栄養バランスも確認することができます。


<病院にかかる時の資料になる>
診察を受ける時に必要に応じてこれを見せることで、状況を把握しやすくし今後の治療に役立てられるでしょう。


<治療中の場合、治療の効果の現れ方がわかる>
症状がゆっくり出る場合などは、薬が効いているのかどうかはっきりわからないこともありますが、日記をつけることで効果のほどがよくわかるようになるでしょう。


<家族みんなの栄養バランスを整えるきっかけになる>
日記をつけはじめるといろいろな事に気づくでしょう。そこから得た反省を家族の食事内容に反映していくことで、皆の健康につながっていきます。

 

■どんな内容を書けばいい?
口にしたものは何でも記録するようにします。食材はもちろん、調味料や油なども記入します。おやつに飲食したものも忘れないようにしましょう。加工食品やお惣菜などを食べた時も、わかる限り原材料を書くようにしましょう。母乳をあげている場合は、ママの食べたものもあわせて記録しておくとよいでしょう。症状の記録には、人の体のイラストを使用し、症状が出た箇所にしるしをつけ、「カサカサしていた」「湿疹が出た」など様子を記入しておきましょう。食事以外にも日常生活で気になったことやいつもと違うことがあれば記入しておくと、食べ物以外の症状悪化の要因が判明したりすることもあります。

 


とても面倒で大変な作業になりますが、毎日つけていくと治療のために重要な情報がたくさん詰まった貴重な情報源になりますので、続けていけるようにしましょう。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/01/06-344591.php])

 

著者: はやぶささん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

食物アレルギーに関する記事

乳児に多い食物アレルギー!アレルギーの原因と注意が必要な食べ物

食べ物が原因となって発症するアレルギーを、食物アレルギーと言います。 6歳以下...

子どもの年齢によってアトピー性皮膚炎の症状が違う!?

子どものアトピー性皮膚炎は、年々増加傾向にあると言われています。 海外では母乳...

食物アレルギーの体験談

ママの母乳からアレルゲン食品飲んでませんか?赤ちゃんの肌荒れの原因はアレルギーでした。

息子は産まれて間もないころから乳児湿疹がひどかったです。 病院にいって塗り薬をもらうも、よくなった...

生後8か月で卵・乳アレルギーの反応が!!

アトピーのような症状が生後5か月ごろから長く続いたので、血液検査をしてみることをすすめられました。結...

カラダノートひろば

食物アレルギーの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る