カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 腰痛 >
  5. 妊娠中は着けたい骨盤ベルト!必要性は?つわり時期でも大丈夫な妊婦向け腰痛サポーターも紹介!

妊娠・出産

妊娠中は着けたい骨盤ベルト!必要性は?つわり時期でも大丈夫な妊婦向け腰痛サポーターも紹介!

骨盤ベルトは産後の体型戻しというイメージが強いかもしれませんが、実は妊娠中から着けておきたいものなのです。

それは一体なぜでしょうか?

それは、リラキシンというホルモンに関係しています。

 

ここでは、骨盤ベルトについてと、つわり時期でも大丈夫な腰痛サポーターをご紹介します。

 

リラキシンって何?

リラキシンとは、母体のじん帯をゆるめるために分泌されるホルモンの一種です。

この働きによって、お産の時に赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくなります。

 

しかし、現代女性は昔に比べて生活や家事の負担が少なく、元から身体のじん帯や筋肉が発達していません。

そこにリラキシンが分泌されると必要以上にじん帯が緩み、子宮をはじめとした内蔵が通常よりも下に下がってきてしまいます。

さらに、これを支えるために周りの筋肉に無理がかかり、腰や背中が痛くなってしまうんです。 

 

骨盤ベルトをした際の効果

骨盤ベルトは、ゆるみすぎた骨盤を正しい位置に戻して内蔵を支えます。

また、元から骨盤がゆがんでいた人はその矯正のためにも効果的です。 

 

妊娠中の骨盤ベルト、いつからするべき?

リラキシンは妊娠初期の段階から分泌されます。

製品によって違いはありますが、おおよそ妊娠3〜5ヶ月頃から着けるものが多いようです。

使用する骨盤ベルトの注意書きをよく確認するようにしてください。 

 

妊婦さんが骨盤ベルトをつける際のポイント

・正しい位置でつけましょう

間違った位置で着けると効果が期待出来ないだけでなく、余計に骨格が歪んでしまう恐れがあります。

 

・強く締めすぎない

あまり緩いと効果がありませんが、かといって強く締めればいいというものでもありません。

妊娠中は血栓ができやすい時期でもあるので注意しましょう。

 

・使い方や注意点をしっかり読む

骨盤ベルトを着けてみて不快感を感じるようだと、締める位置や強さが間違っていると考えて良いでしょう。

骨盤ベルトは製品によって違いがあるので、とにかく使い方や注意点をしっかりよく読んでください。

商品によっては、公式サイトでさらに詳しく使い方が紹介されている場合があります。

 

長い妊娠期間を、腰痛などに悩まされると本当につらいですよね。

骨盤ベルトを正しく使って乗り切りましょう!

 

つわり時期でも大丈夫!妊婦向け腰痛サポーター

つわりの時期にやってくる、つらい腰痛。

それでもずっと寝ているわけにもいかない人が多いでしょう。

 

そんな時に役立つのが、腰痛サポーターです。

「妊娠中にサポーターを使って大丈夫?」と心配かもしれませんが、正しく使えば大丈夫です。

 

妊婦向けのものを選びましょう

サポーターを使う時に心配なのが、「お腹を締め付けて赤ちゃんに影響が出るのでは?」という点でしょう。

妊婦向けに作られたサポーターなら、安心して使えます。

 

「妊婦帯」「妊婦用ベルト」として売っているものがおすすめです。

大部分が妊娠初期から使えます。

 

ふつうのコルセットなどは、腰を強く締め上げるものもあります。

お腹に負担がかかりますし、つわりによる吐き気や胃痛が悪化する可能性もあります。

 

妊婦向けサポーターは、ホルモンの影響で緩みがちな骨盤を優しくサポートし、腰への負担を分散するのに役立ちます。

 

体に優しいサポーター

腰痛の一因は血行不良ですから、締め付けがきついサポーターは逆効果です。

面テープなどで巻き付け、サイズ調整が可能なサポーターが良いでしょう。

 

腹巻のようにストレッチ性がある素材の妊婦帯は、保温性も抜群です。

お腹を圧迫することなく、腰の冷えを防ぎます。

 

通気性が良いメッシュ素材、天然素材のものなら、夏でも快適。

アウターに響かない薄手のサポーターも増え、外出時の着用も安心です。

 

腰痛の症状が軽いなら、サポート力がある下着でも良いでしょう。

妊婦向けガードルの中には、お腹や腰をすっぽり包むようにサポートするタイプがあります。

 

締め付け感がなく、冷え予防になるサポーターがおすすめです。

腰痛を我慢していると、腰への負担が大きくなる妊娠後期、出産後に悪化する恐れがあります。

便利な妊婦向けサポーターを早めに取り入れ、腰痛がクセにならないよう対処してくださいね。

 

(Photo by://www.photo-ac.com/)

著者: いりかさん

本記事は、2016-08-05掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

腰痛に関する記事

妊娠中のつらい腰痛の原因は?座り方・寝方など、姿勢の予防法もご紹介!

妊婦さんの半数以上の人が、腰痛や骨盤痛に悩まされています。 妊娠中の生理現...

出生率1位のフランスで常識!ペリネケア(骨盤底筋ケア)で産後のトラブル知らず

「ペリネケア」という言葉を聞いたことありますか? ペリネとは骨盤底筋のことです...

腰痛の体験談

なんとかしたい、つらーい腰痛!妊娠中の対策

お腹が大きくなるにつれて、 歩いたり座ったりする体勢が変わり、 腰痛に繋がってしまうことがありま...

妊娠中の恥骨痛対策!トコちゃんベルトやウォーキング、ストレッチ

朝、布団から起き上がる時や椅子から立ち上がる時にお股に鈍痛が(^◇^;) 最初は筋肉痛のような感じ...

カラダノートひろば

腰痛の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る