カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

気になる病気・症状

胃腸炎で処方される薬

 

 

秋から冬にかけて流行するノロウイルスロタウイスル等による感染性胃腸炎の集団感染が、学校や老人ホームで毎年起こっています。
これからの季節、急な発症に備えて、胃腸炎に適応する薬の紹介をします。

 

感染性胃腸炎の特徴

嘔吐や下痢を主症状とする細菌、ウイルスなどによる感染症で、ヒトからヒトへ接触感染汚染物の摂取が原因で感染します。

 

感染性胃腸炎の薬

整腸剤・・・ビオスリービオフェルミン腸内の環境を整え、下痢を止めます)
制吐剤・・・プリンペランナウゼリン座薬(胃の運動を整え、吐き気を抑えます)
腹痛止め・・・セスデンブスコバン(けいれんを鎮め、痛みを抑えます)
解熱剤・・・カロナールロキソニン(痛み・発熱を和らげます)


急性胃腸炎罹ったら

1、1~2日という短い期間だけ、突然嘔吐や下痢が起こるので下痢止めや吐き気止めの服用は止めて整腸剤を処方してもらいます。

2、脱水症状を起こしている場合は、スポーツドリンクを飲むように努め、ひどい場合は病院へ行きましょう。

3、食事は、おかゆ温かいスープを選ぶとよいでしょう。

 

急性の細菌性胃腸炎

1、対処療法として、細菌が増えるのを防ぐ薬が処方されます。
2、乳幼児は、全身症状が強いので、抗生剤整腸剤を服用します。
3、ビフィズス菌などの整腸剤で腸の調子を整えます。

 

薬の副作用で起こる胃腸炎

ガンや心不全、不整脈、痛風の治療で使われる薬が嘔吐や下痢を引き起こす場合があるので、いったん使用を中止して様子を観察しましょう。

 

急性のウイルス性胃腸炎

小さなウイルスが吐き気、嘔吐、下痢を3日間位引き起こしてます。初日の症状がもっとも激しくなります。
経口摂取が無理な場合補液と吐き気を抑える制吐剤を経静脈的に投与します。
その後異常が無ければ、下痢によって奪われた水分を電解質を含んだ水分で補い消化の良い食事をします。

 

まとめ

胃腸炎の症状が現れても軽度な場合、脱水症状を解消しながら、絶食などして安静に過ごせば治ることが多いでしょう。
原因菌を身体から排出する防衛反応である嘔吐と下痢は、止めない方が早く回復することもあります
個人差があるため、症状が重くなるようなら病院へ行きましょう。

 

(Photo  by  //www.ashinari.com/2013/02/28-376731.php)

著者: toragaraさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

胃炎(慢性・急性)に関する記事

急性ストレス性胃腸炎の治療薬ってどんなものがある?

              ストレス性胃腸炎とは、ストレスが原因で、胃腸の調...

食べやすくて胃に優しい食事が大事!どうする!?急性胃腸炎後の離乳食&幼児食

離乳食や幼児食が必要な子どもが、急性胃腸炎になった場合は、その後の食事をどう...


アルコール度数、飲酒量に注意!アルコール性の急性胃腸炎

飲酒が原因で起こる急性胃腸炎を「アルコール性胃炎」といいます。アルコールで急性...

別名「はきくだし」とも言われるウイルス性急性胃腸炎

  ウイルス性急性胃腸炎は、特に冬場に感染が多く、乳幼児や子供がかかりやすい病...

カラダノートひろば

胃炎(慢性・急性)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る