カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. 「母乳で育てたい」その気持ちが負担になっていませんか?

育児・子供の病気

「母乳で育てたい」その気持ちが負担になっていませんか?

 

 

出産すると、母乳や粉ミルクでの育児が始まります。産後の我が子を抱いて母乳を飲ませる想像は誰しもが妊娠時に描いた光景かと思います。しかし、自分が“母乳の出が良い乳房”なのか“母乳の出が悪い乳房”なのかは、出産してみないと誰にもわかりません。

 

「初乳には沢山の栄養が含まれているから、しっかり飲ませなさい」

「おっぱいを吸われることで母乳が作られるのだから、出なくても吸わせなさい」

 

という言葉を聞き、“母乳育児”に対してのプレッシャーや不安感を抱くお母さんは少なくありません。粉ミルクでも母乳でも、時と場合によって使い分けることが出来るので、どちらが良い!と断定することは不可能ですが、なぜそれほどにまで“母乳育児”が良いか、母乳が十分に作られない・与えられないお母さんにスポットを当て、“無理のない授乳”について考えてみましょう。

 

◆ママにも赤ちゃんにも個性がある。

人は皆それぞれに個性があるように、母乳の出や作られる母乳の量も、ママによって異なります。生まれてすぐに母乳を上手に飲める赤ちゃんもいれば、まったく吸えない赤ちゃんもいます。このように、育児のスタイルにはママと赤ちゃんの“個性”から、最適な方法を考えていく事が大切です。まずは、自分の体を知り、受け入れることから始めてみましょう。

 

 

◆プレッシャーや不安を軽減させるために。

お母さんの気持ちは、目で、声で、肌で、赤ちゃんにも伝わっています。母乳が与えられないことにプレッシャーや不安を感じることはありません。大事なことは、母乳であっても粉ミルクであっても、お母さんが無理なくリラックスして育児ができる環境です。ほどよく母体を休めつつ、赤ちゃんとのスキンシップをとりながら育児をしていくことが大切です。

 

◆“吸わせること”に意味がある。

たとえ母乳が出ないと解っていても“吸わせること”を心がけてください。もちろん無理のない程度に。赤ちゃんが母乳を吸うことによって脳に刺激が行き、ホルモンが分泌され母乳が作られるというメカニズムになっているので、吸わせることをやめてしまうと、母乳を作るホルモン自体、分泌が低下してしまいます。出なくても、吸わせる!赤ちゃんとのスキンシップにもなり、ママの鼓動を聞くだけで赤ちゃんもリラックスできます。

 

 

以上の内容から、「母乳育児」が母にも子にも、良いことは明確なのですが、とても大事なことは“無理をしないこと”。プレッシャーに感じたり、不安に思うことではないのです。皆個性があるように、親子1組1組にも、独自の育児方法があります。これが正しい!という固定観念をなくし、我が子にあった、自分にあった育児を楽しむことが、大切です。

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/26-348602.php?category=51])

 

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

知っておくと便利!楽チンな授乳方法☆授乳の姿勢・タイミング・便利な授乳服

  可愛い赤ちゃんとお母さんをつなぐもの・・・『おっぱい』。 出産前は授乳の...

栄養豊富で経済的!~母乳の大切さ~

母乳にはどんなに優秀な粉ミルクでも補えない栄養が多く含まれています。 ま...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る