カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 衰弱 >
  4. 予防 >
  5. 三大栄養素をバランスよく!高齢者の疲労回復を助ける食生活

介護・認知症

三大栄養素をバランスよく!高齢者の疲労回復を助ける食生活

 

高齢者は筋肉量が低下し、ささいな日常動作でも疲労が蓄積しやすくなっています。

疲労が蓄積すると慢性的な倦怠感から活動量が低下し、衰弱へつながる恐れもあります。

高齢者の疲労回復を促し、活動的な毎日をサポートするのに欠かせない栄養素を挙げます。

 

 

栄養面から考える疲労の原因

疲労の要因の1つは、細胞のエネルギー不足です。

まずは、エネルギーを生み出す三大栄養素、炭水化物・タンパク質・脂質が欠かせません。

さらに、これらの栄養素をエネルギーに変えるため、ビタミン・ミネラルが必要です。中でも、ビタミンB1は必須です。

 

 

三大栄養素をバランスよく食べる

「主食+野菜たっぷりの汁物+タンパク質のおかず」の献立にすると、三大栄養素とビタミン・ミネラルの栄養バランスを整えやすいのでオススメです。

たとえば雑穀を混ぜたご飯に具だくさんの味噌汁、焼き魚や納豆などタンパク質のおかずです。洋食なら、パンと野菜スープ、卵やチーズが良いでしょう。

 

 

ビタミンB1を意識する

三大栄養素をエネルギーに変えるビタミンB1は、加齢とともに食物からの吸収量、体内での貯蔵力が衰えます。したがって、高齢者は意識してビタミンB1を摂取しましょう。

ビタミンB1が豊富な食品は、豚肉・大豆・うなぎ・ゴマ・ぬか漬けなどです。

豚肉は特にビタミンB1の含有量が豊富ですが、肉類を好まない高齢者もいるでしょう。

煮豆・納豆・豆腐・油揚げ・きな粉・高野豆腐など大豆製品を上手に取り入れ、ビタミンB1を補ってください。

 

 

栄養バランスを整えるのはもちろん、適切な口腔ケアや楽しい雰囲気作りで、高齢者の食欲が増すような働きかけも大切です。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/05-381667.php )

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

予防に関する記事

知らなきゃ損する!毎日の心がけで衰弱を予防しよう!

衰弱の予防には欠かせない、口腔機能維持のために心がけたいことをまとめました。 ...

毎日の心がけで衰弱を予防(2)生活機能編

 衰弱の予防には欠かせない、生活機能維持のために心がけたいことをご紹介します...


毎日の心がけで衰弱は予防できる?!~運動で衰弱は予防~

運動機能を維持して衰弱を予防するため、心がけたいことを挙げます。   1.意識...

筋トレができない、したくない、効果がないならスロートレーニング!

  筋肉量が少ない女性や高齢者は、筋肉量が少ないからこそ筋トレをして筋肉を増や...

カラダノートひろば

予防の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る