カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 衰弱 >
  4. 注意点 >
  5. 冬は危険な季節です!衰弱を防ぐためにできるコト

介護・認知症

冬は危険な季節です!衰弱を防ぐためにできるコト

 

冬は、高齢者にとって衰弱のきっかけになるトラブルが多発する危険なシーズンです。冬に気を付けたい不調のもとと対策を挙げます。

 

 

活動量の低下

寒さから外出の機会が減り、室内でも動きが減りがちになります。

足腰の筋力が衰えるほか、食欲不振にもつながります。また、雪に閉ざされて思うように外出できない地域ではうつ病になる人が多いというデータにもあるように、精神活動に与える影響も看過できません。

室内でもできる軽い運動を習慣づけましょう。高齢者に家事の分担をしてもらい、体を動かす機会を増やすことが大切です。

 

 

感染症

若い人にとっては数日の不調で済む感染症も、高齢者には長期的に体力を低下させる怖い病気です。

ささいな風邪から体調不良が長引き、寝たきりになってしまう高齢者もいます。

風邪・インフルエンザから肺炎を起こして入院するケースも目立ちます。

乾燥した空気はウィルスの活動を助けるので、加湿器などで適度な湿度を保ちます。

外からウィルスを持ち込まないよう、高齢者本人だけではなく家族の手洗い・うがいも欠かせません。

 

 

血流の悪化

寒さや活動量の減少から血流が悪化すると、新陳代謝が不活発になり、体調を崩しやすくなります。

体の動きも悪くなり、関節や筋肉がこわばって転倒しやすくなります。外気温と室温の差からくる血圧の急激な変化にも注意が必要です。

足浴や手浴で血の巡りを良くする、マッサージやストレッチを行うと良いでしょう。重ね着による体温調節は大切ですが、きつすぎる衣類は血流を阻害するので注意が必要です。

 

 

感染症に気を付け、活動量をいかに増やすかがカギです。

 

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/10/02-382810.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

衰弱を招く怖い脱水症状(3)~対策編

脱水症状から衰弱に至らないために、水分摂取のコツをまとめました。   小...

心身への適度な刺激が大事!高齢者の衰弱の兆候に気づいたら

  高齢者は、1度衰弱が始まるとあっという間に全身状態が悪化するケースが多...


衰弱を招く怖い脱水症状(1)まずは基礎知識を知ろう

 高齢者の衰弱を招きやすい、脱水の基礎知識をまとめました。   人体を構...

衰弱を招く怖い脱水症状(2)~かくれ脱水編

衰弱の原因として要注意の脱水症状といえば、炎天下に長時間いた場合になるという...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る