カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 関節疾患 >
  4. リハビリ(関節疾患) >
  5. 拘縮改善・予防のリハビリと注意点 リハビリで気をつけること

介護・認知症

拘縮改善・予防のリハビリと注意点 リハビリで気をつけること

関節疾患からの回復には欠かせない拘縮改善・予防のリハビリで気を付けたい点、コツをまとめました。関節の可動域を広げ、高齢者の生活の質を向上させましょう。 

 

拘縮のリハビリで気を付けたいこと

既に拘縮がみられる場合、無理に動かすと腱を傷めるなどして逆効果になります。痛みを我慢するのは、リハビリの範囲を超えています。

 

特に高齢者が自力で関節の曲げ伸ばしができず、介護者が力を加えて関節を動かす場合には細心の注意をはらってください。

 

リハビリのコツ

◆温める

体が冷えていると血液の循環が悪く、筋肉もこわばりがちです。痛みも感じやすくなるので、リハビリ前に体を温めるのがお勧めです。

 

蒸しタオルや部分浴で患部のみ温めても良いですが、入浴後など全身が温まって血液の循環が良好な時が、リハビリに最適のタイミングです。

 

◆可能な範囲で最大限動かす

反動をつけず、ゆっくりと関節を限界まで動かすことが拘縮のリハビリには有効です。まずは、「ここまで」というところまで関節を動かしましょう。そこからさらに動かせそうなら、様子をみつつ可動域を広げます。どうしても動かせないなら、最大限動かしたところで数秒停止します。

 

◆定期的かつ小まめに行う

1日に1回、たっぷりリハビリを行うよりも、数分ずつ小分けにしたほうが、効果が上がります。排泄の際、食事前、入浴後などタイミングを決めると良いでしょう。

 

寝たきりの高齢者は、2時間に1回は体位変換とともに関節を動かすと、褥瘡予防にもなります。

 

リハビリは、目標を定めた方が継続の力になります。日常生活の中で、できるようになりたいことを具体的な目標にして、そのために必要なリハビリ計画を理学療法士に相談すると、モチベーションのアップにつながります。

(Photo by://www.ashinari.com/)

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(関節疾患)に関する記事

関節疾患のリハビリ~運動療法の目的と種類

高齢者の関節疾患のリハビリで、理学療法士が行う運動療法の種類を挙げます。訓練ご...

関節疾患のリハビリ~拘縮を予防しよう

高齢者の関節疾患では、拘縮に対するリハビリが大きなポイントになります。拘縮は、...


高齢者の関節疾患~リハビリの意義

  変形関節症など高齢者の関節疾患では、リハビリが病後の生活を左右します。...

カラダノートひろば

リハビリ(関節疾患)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る