カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 肺・気管支 >
  4. 肺炎 >
  5. 基礎知識 >
  6. 高齢者の死因上位~肺炎の基礎知識

気になる病気・症状

高齢者の死因上位~肺炎の基礎知識

 

各年代の死因のうち、65歳以上で増えてくるのが肺炎です。65歳から79歳までは肺炎が死因の第4位、80歳から90歳までは第3位、90歳以上では第2位です。

時に高齢者の命を奪う、怖い肺炎の特徴をまとめました。

 

 症状

発熱・悪寒・全身の倦怠感・痰を伴う咳が肺炎の主な症状です。

しかし、これらは普通の風邪と見分けがつきにくく、特に高齢者は典型的な肺炎の症状が出にくいので、肺炎に気づくのが遅れがちです。

そのため、気付いたときには重症化していて、手遅れになってしまうケースも少なくありません。

風邪との見分け方は、38度以上の高熱、呼吸時の痛み、息切れ、激しい咳、痰の色が濃いなど微妙な症状の差です。

風邪のような症状が出たら、肺炎ではないか疑って様子を観察してください。

 

肺炎のリスクが高い人

免疫力や体力が衰えている高齢者は、肺炎に感染しやすくなっています。さらに、次の項目に当てはまる高齢者は、肺炎リスクがより高くなります。

 ・持病がある(糖尿病・慢性閉塞性肺疾患・心不全・慢性腎不全・肝硬変など)

・喫煙者

・飲酒量が多い

・免疫抑制剤やステロイド薬など薬で免疫を押さえている

  

原因菌

一般的な肺炎の3割は、肺炎球菌が原因で起こります。

ほかにはマイコプラズマ・クラミジア・緑膿菌・黄色ブドウ球菌も原因菌です。インフルエンザや風邪から肺炎を発症しやすいのは、のどや気道の粘膜が傷み、これらの菌が侵入しやすい状態になるからです。

高齢者に特徴的な肺炎は、食べたものが気管に入ってしまうことで起きる誤嚥性肺炎です。

 

高齢者は肺炎リスクが高いという点に留意し、疑わしい症状が出たらすぐに受診することが重症化を防ぎます。

(Photo by:http://www.ashinari.com/)

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-11掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

肺炎はうつるってほんと?!知っておきたい「肺炎」の種類と感染有無

肺炎がうつるなんて、不思議に思うかもしれません。しかし、肺炎にもいろいろ種類...

ウイルス?細菌?肺炎を引き起こす「インフルエンザ菌」とは

  インフルエンザと聞くと、冬場に流行するあのインフルエンザを思い浮かべま...


日本人の死因第4位!どうして肺炎の死亡率は高いの?

 肺炎の死亡率は現在日本の死因全体の第4位。どうして肺炎の死亡率はそれほど高...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る