カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. サポーター >
  6. ツライ腱鞘炎を楽にするサポーターあれこれ

関節痛・腰痛

ツライ腱鞘炎を楽にするサポーターあれこれ

よく使う手や手首の関節はダメージを受けやすく、腱鞘炎に悩まされている人がたくさんいます。手の関節を動かさなければ痛みは軽減します。しかし、手を全く使わない生活は困難です。

 

そこで、腱鞘炎対策にお勧めのサポーターを紹介します。患部を適度に固定しつつ、日常動作を妨げません。

 

テーピング機能つきサポーター

関節を固定して痛みを生じないようにする方法には、テーピングもありますが、自分で行うにはコツが要ります。さらに患部が手なので、片手でテーピングをしなければならず、より難しくなります。

 

形状はサポーターですが、テーピングのような圧がかかり、しっかり固定してくれます。

 

磁気サポーター

慢性的な痛みがある腱鞘炎なら、固定だけではなく治療効果も規定できる時期治療サポーターが良いでしょう。サポーターに磁石が内蔵されていて、遠赤外線効果で血液の循環を改善します。

 

通常サポーターは就寝中に使いませんが、磁気サポーターは就寝中に着用して寝ている間に症状を緩和するものもあります。長時間の使用を前提にしているものは、固定する力は強くありません。

 

育児向け親指サポーター

乳幼児がいるお母さんは、抱っこする機会が多く、親指の外側が痛むようです。

 

手首と親指のみカバーするサポーターは手の動きを邪魔せず、赤ちゃんのお世話もしやすいメリットがあります。

 

パソコン、ピアノ演奏、スポーツ、育児など腱鞘炎の原因と患部によってサポーターを使い分けましょう。

 

サポーターのみで改善するのは、ごく初期の腱鞘炎だけです。併せて医師の診察を受けてください。

(Photo by://www.ashinari.com)

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

サポーターに関する記事

産前・産後の腰痛を防ぐ骨盤サポーター

  腰痛の原因の中でも、女性特有なのが妊娠と出産です。妊娠・出産で大きく変...

腰痛・関節痛の強い味方!コルセットを正しく使おう!

   コルセットは腰痛・関節痛の強い味方ですが…正しく使わないと逆効果にな...


使用法によっては逆効果!逆効果にならないためのサポーター使用法

患部を固定して関節痛を生じないようにするサポーターも、使用法によっては逆効果に...

テーピングで筋肉の負担を軽減!!

    この痛みにはテーピング?コルセット?   腰痛のときは、背中...

カラダノートひろば

サポーターの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る