カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 基礎知識 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 女性は高い!?腰痛リスク~あなたの腰痛の要因は何?~

関節痛・腰痛

女性は高い!?腰痛リスク~あなたの腰痛の要因は何?~

 

女性は、男性よりも腰痛のリスクが高いといわれます。数ある腰痛の原因のうち、女性ならではのものをまとめました。

 

 

育児

ホルモンの作用で妊娠中から骨盤が緩み、出産時には骨盤が大きく開きます。

骨盤に歪みを生じやすい妊娠・出産に加え、その後の育児では常に赤ちゃんを抱っこしなければならず、腰に負担がかかります。

授乳の体勢によっても、腰痛がおこります。

 

 

服装

脚の筋肉量が少ない女性は下半身が冷えやすく、ミニスカートや素足では冷えが腰痛につながります。

ハイヒールを履くと前かがみになりやすく、腰に負担がかかります。足先の痛みから、歩行が不自然な体勢になるのも腰にはよくありません。

いつも同じ側の肩にショルダーバッグをかける人は、体の片側に負荷が偏るため、腰を痛めやすくなります。

 

 

便秘

女性に多い便秘では、腸内に便がたまり、そこからガスが発生して腸が膨張します。腸によって周囲の器官は圧迫され、血流が悪化して腰痛にいたるケースがあります。便秘自体も腰痛の原因になりますが、便秘がちの人は運動不足であったりデスクワークの場合が多いので、これらも腰痛に関係していると考えられます。

 

 

婦人科系の疾患

子宮筋腫・卵巣嚢腫・子宮内膜症・子宮がん・卵巣がんでは、腰痛の症状が表れる場合があります。不正出血や長引く下腹部痛があれば、婦人科の受診をお勧めします。

月経前と月経中には、プロスタグランジンというホルモンによって腰痛が引き起こされます。

 

 

筋肉量や女性ホルモンのため、女性であるだけで腰痛リスクは高まります。これらの要因を1つずつ解消していくことが、腰痛防止に役立ちます。

 

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/07/25-380589.php?category=265)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

その他に関する記事

野球肘「上腕骨内側上顆炎」とは一体なに?原因は?

野球を長年していて、「肘を壊した」という表現をよく聞くことがあります。これは...

腰痛リハビリの物理療法~3つの治療法 電気治療・牽引療法・光線治療ってどんなもの?

リハビリの方法は自分で体を動かすほかに器具を使った方法もあります。 腰痛で行わ...


アイシング×お風呂が効果的

腰痛は温めるほうがいいのか、冷やした方がいいのか難しいところです。ランニングなど...

「気の持ちよう」では片付けられない!慢性腰痛症

  腰痛を患う人の中には、原因になっている患部の炎症などが治まっても痛みを...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る