カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 関節痛・腰痛 >
  3. 変形性関節症 >
  4. 症状 >
  5. 変形性関節症の症状~関節では何が起こっているか?

関節痛・腰痛

変形性関節症の症状~関節では何が起こっているか?

 

変形性関節症の症状は、いくつかの段階を経て少しずつ悪化します。

進行によって表れる症状はどう変化し、関節では何が起こっているのでしょうか。

 

 

正常な関節

骨と骨が接する関節の表面は、弾力性があってクッションの役割をする軟骨が覆っています。

さらに、関節をつつむ関節包の内側にある滑膜からヒアルロン酸を含んだ関節液が分泌され、潤滑油のように関節の滑らかな動きを助けます

これらの働きがあり、関節が正常に機能しています。

 

 

初期

ごく初期の変形性関節症では、ほとんど自覚症状がありません。しかし、関節では軟骨がすり減り始めています。

 

 

中期

変形性関節症の典型的な症状、関節を動かし始める時の痛み(始動痛)や、関節の曲げ伸ばしの範囲が狭まる可動域制限が起こります。

この時点で病院へ行く人が多いでしょう。

関節水腫といって、関節に多量に分泌された関節液が溜まる現象も起こります。

 

関節では軟骨の摩耗が進行し、骨と骨の隙間が狭くなります。

全体が均等に摩耗するのではなく、一部分に負荷が偏って摩耗し、それによってさらに負荷が偏っていきます。

関節液の分泌は増えますが、含まれるヒアルロン酸は減少しているので、関節を滑らかに動かせなくなります。

 

 

進行期

強い痛みを感じ、生活動作もままならなくなります。可動域もより狭くなり、服の着脱などに不自由を感じるでしょう。

軟骨の摩耗がいっそう進んだ関節では、軟骨のクッション機能が無くなり、骨同士が直接擦れるようになっています。

これによって骨に変形が生じ、外見上からも分かるようになります。

 

 

初期の段階では自覚症状がないため、肥満や関節の酷使、靴のかかとの減り方に偏りがあるといった変形性関節症につながる要因を持っている人は、予防を心がけましょう。

 

(Photo://www.ashinari.com/2013/01/31-375848.php)

 

著者: honpoさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

実はあなたも発症してる?!変形性関節症

  普段の生活の中で、立ち上がろうとしたとき、階段を上るとき下りるとき、急に膝...

変形性膝関節症の痛みは早めに診断!

    【変形性関節症は二通りある】   変形性関節症はどの部位によって...


若い人にも多い変形性足関節症とは?

  足の変形性関節症といえば、膝に起こる変形性膝関節症が代表的ですが、最近...

気をつけたい、女性に多い手指の変形性関節症

変形性関節症だけでなく、病気には性別によってかかりやすいものとそうでないもの...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る