カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. その他 >
  4. 熱中症 >
  5. 真夏日に平熱より体温が高い!熱中症が起こるメカニズムと原因

気になる病気・症状

真夏日に平熱より体温が高い!熱中症が起こるメカニズムと原因

 

暑い時期に、運動や暑熱から熱中症を起こすことがあります。
熱中症が起こるメカニズムとその原因をご紹介します。

 

症状

めまい、失神、倦怠感、吐き気、頭痛、体温上昇、けいれん、精神錯乱など。

 

熱中症のメカニズム

1、体温調節

気温が高く、湿度も高い真夏日になると、皮膚から空気中への熱の放出が難しく、汗をかいても気化作用が起こらないので、体をつたって流れ落ちるばかりになります。

 

2、血管の収縮

体温が37℃以上になると、皮膚上の血管が拡張して、血液の流れを良くして、熱を出そうとするが、汗によって水分量が奪われると、心臓や脳など重要な臓器を守るために、血管が収縮し始めます。

 

種類

1、熱失神・・・高温や直射日光によって血管が拡張して、血圧が低下し、脳の血流が少なくなるため、めまいや失神を起こします

 

2、熱けいれん・・・大量の汗をかいた後、水分だけ補給したため、血液中の塩分が不足して、痛みを伴った脚部や腹部の筋肉がけいれんを起こします。

 

3、熱疲労・・・大量の汗をかき、脱水症状を起こして、めまい、頭痛、顔蒼白、高体温などを発症します。

 

4、熱射病・・・高温化で激しい運動をすると、深部体温が40度以上に上がって、脳の中枢神経機能に異常をきたして、汗が出なくなり、おかしな言動が見られたり、意識障害や昏睡を起こすこともあり、重症になると命の危険もあります。

 

対策

熱中症の兆候に気付いたら、涼しい場所で急速に首やワキの下をエアコンや扇風機を使ってスポット冷却し、スポーツドリンクを与えるなどの応急手当をすぐにします。
重症ならば、病院へ行くか救急車を呼びます。

 

治療

身体冷却、経口補水液の補給、生理的食塩水や乳酸加リンゲル液の点滴静注を行います。

 

まとめ

熱中症は、体温が高くなるために起こる障害です。
真夏に作業や運動をする場合、1時間に1回位涼しい場所で休憩をとり、その際体温を測り、平熱より1℃以上高ければ、危険なサインですので、作業を中止するようにします。
素人判断をせずに、体調を管理するようにしましょう。

 

(Photo  by   //www.ashinari.com/2010/08/17-339908.php)


 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

熱中症に関する記事

気を付けていても毎年死亡者が出る熱中症の恐怖!熱中症対策について

近年の、温暖化の影響で、毎年記録的な猛暑日が続き、熱中症で亡くなるニュースを毎...

職場での熱中症による死亡災害が増えている!?発生状況と対策について

   近年、職場でも熱中症の死亡者が出ており、厚生労働省において問題視されていま...


エアコンはどうやって使ったら節電になる?温度設定、風量の設定、帰宅後の冷房の使い方

  暑ければエアコンをつけて部屋を涼しくするのは、当然のことです。ですがちょっと...

真夏のゴルフで気をつけて!熱中症にならないためにすべきこと

ゴルフはとても楽しいスポーツです。高齢者だけでなく、最近では若者の関心も高まっ...

カラダノートひろば

熱中症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る