カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. ガン・悪性腫瘍 >
  3. 食道がん >
  4. 検査 >
  5. 食道がんではどんな検査が行われる?

ガン・悪性腫瘍

食道がんではどんな検査が行われる?

 

食道がんの早期発見には定期的な健診が効果的ですが、それ以外でも嚥下困難や食道違和感といったいつもと違うような症状が感じられたら、病院でしっかり検査してもらうのが良いでしょう。

 

 

身体所見

早期の食道がんの場合、がんに伴った身体所見はほとんど見られません。ただがんの進行に伴って右あるいは左の鎖骨上部リンパ節腫大が認められますし、反回神経麻痺によるしわがれ声が認められることもあります。

 

画像所見

食道造影検査(X線検査)

…硫酸バリウムを飲み、X線撮影を行って食道をバリウムが通過するところを確認する検査です。この造影検査は苦痛を伴わずに簡便にできる検査として有用です。この検査によってがんの場所や大きさ食道内腔の狭さなどを確認することができるのですが、早期のがんの診断は困難です。

 

内視鏡

早期がんの診断や、進行がんの診断に有用です。先端についたカメラで直接粘膜を観察することができるのが大きな特徴で、病変の位置や大きさ、病変の数、広がり、形状、色調、などからがんの広がりをある程度判断することができます。これに加えがん細胞と思われる細胞にヨウ素液をかけ、ヨウ素液に染まるかどうかを見る色素内視鏡検査を行うこともありますし、内視鏡で病変した部分を切りとり、がん細胞を顕微鏡で検出する病理検査も行われます。

 

超音波内視鏡検査

食道がんの深度を判断するために行われる検査で、周囲のリンパ節への転移もわかります。食道がんの深度を知ることはその後の治療方針を決める上で重要です。

 

CT検査

食道がんの周りの組織への広がりやリンパ節や食道から遠い臓器への転移の有無を診断できます。がんの進行を知るのに有効で、特に進行がはやく転移する頻度が高い食道がんでは必要な検査です。

 

 

症状によって必要な検査は変わってきますが、内視鏡と食道造影がメインの検査です。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2011/07/19-348511.php?category=393])

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

初期症状がほとんどない食道がんは検診が大切!食道がんの予防・早期発見

  食道がんは初期症状がほとんどなく、気づかないうちに静かに進行します。ま...

内視鏡検査や食道造影検査など…食道がんを見つけるための検査について

  進行してしまうと治療の難易度が高くなる食道がんですが、近年では検査に使...


食道がんの疑いがあったら…より詳しく調べるための検査とは?

  食道造影検査や内視鏡検査で食道がんの疑いがあるとわかった場合、さらに詳しい...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る