カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. かゆみ >
  5. “妊娠線”のかゆみ対処法!

妊娠・出産

“妊娠線”のかゆみ対処法!

妊娠している妊婦さんの中には、“妊娠線”が出来てしまった妊婦さんも多くいます。ただでさえ妊娠線が出来たことで「どうしよう・・・」と思っているのに、更なる仕打ちは“痒み”!!妊娠線の亀裂(肌)部分は、想像以上の痒みを伴います。保湿クリームを塗ってみたり、妊婦帯をつけてお腹を支えてみたり、皮膚が乾燥しないよう暖かい格好をして寝てみたり・・・と様々な努力をしている方も多いはず。妊娠線から起こる激しい痒みの対処法をまとめてみました。参考にしてください。

 

とにかく掻かない!

妊娠線は、掻いた時の刺激によって更に広く亀裂が入ってしまいます。要は掻いてしまうと妊娠線の範囲が広くなり、更なる痒みが襲ってくる場合もある、ということです。かゆくても絶対に掻かないこと!

 

 

しっかり保湿をすること!

肌が乾燥していると、妊娠線を起こしやすくなります。毎日こまめに保湿クリームを使い、特にお風呂から上がったときには速やかに塗ることを心がけましょう。保湿することで、肌が潤いかゆみの軽減につながります。

 

 

“妊娠線”の範囲を出来る限りおさえて

“妊娠線”からくる痒みにポイントを置いているので、根本的な対策として一番効果的なことは“妊娠線を作らない・広げない”ことです。そのためには、妊娠中の体重管理や、お腹をしっかりサポートする妊婦帯などを積極的に使用しましょう。赤ちゃんは成長してほしいですが、妊娠線の成長は出来るだけ抑えましょう。

  

 

妊娠線から起こる痒みは、とても耐えられないほどの痒さです。掻いてはだめだと解っていても、下着や肌に触れ、チクチクと刺激を感じたり、お風呂から上がった後体温が上がっていると、より強い痒みを感じてしまいます。時には眠っている時に無意識で掻いてしまうという事も・・・。

 

出来てまった妊娠線は傷と違い、薬などで治るものではありません。出来る限り、肌に優しい衣類を選んだり、保湿クリームをマメに使うなどして対処をしていくことが重要となります。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2009/02/23-014446.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

2回目の妊娠に多い症状…全身に「かゆみ」が起きる原因は○○だった!

1度目の妊娠で経験する方もいますが、2回目以降の妊娠時に多いとされる症状があ...

乾燥?食いこみ?原因は色々!妊娠中のかゆみの原因は肌の状態でチェック!

妊娠中のかゆみは原因はさまざまですがいずれも我慢できないほどのかゆみの症状が...

かゆみの体験談

妊娠中の悩み・・デリケートゾーンの痒み・・対処法について

恥ずかしい話ですが、いや、これは妊婦さんにはよくあることなので恥ずかしいことではありません!>< ...

お腹と背中の湿疹、痒み

最近前回の妊娠中の腹囲を超えるくらい急激にお腹が大きくなってきたのと、寒くなり乾燥してきたので今まで...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る