カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. かゆみ >
  5. 妊娠中のかゆみ…耐えられないときに“薬”は使って大丈夫なの?

妊娠・出産

妊娠中のかゆみ…耐えられないときに“薬”は使って大丈夫なの?

妊娠中のかゆみは想像以上に辛く、寝ている時までも無意識に掻いてしまうほど耐えられないものです。掻いてはいけないと解っていても、服や下着が触れたりすこし体温があがるだけで、体の痒みは強くなります。

かゆみを軽減させる“薬”を使用したい気持ちで頭がいっぱいになりますが、妊娠中は胎児への影響を考え、薬の摂取は避けたいもの。

 

しかし、いつまでも続くかゆみに、体も心も限界寸前!そこで、“かゆみ”に対しての“薬”の使用で大切なことをまとめました。 

 

自己判断ではなく受診を! 

市販で売られている軟膏も多彩にありますが、市販の軟膏にはステロイド剤などを含む、刺激の強い薬もあります。

また自己判断で「このかゆみには、この軟膏で大丈夫だろう!」と安易に選んだ結果、かえって症状を悪化させてしまう事にもなりかねません。かゆみの原因や症状はお医者さんに診てもらいましょう。 

 

かゆみに対しての処方される薬とは?

皮膚科や産院などでかゆみの症状を診てもらい、処方された薬というのは、母体にも胎児にも影響が無いステロイド剤の含まれていない保湿クリームや、刺激の弱い軟膏ばかりです。

刺激の少ない薬はすぐに効果が出るものではありませんが、肌の様子に合わせて継続して使用してみましょう。 

 

日々の生活を見直そう!

かゆみを軽減させるために病院へ受診し、薬をもらう事も方法の1つではありますが、一番大切なことは普段の生活を見直すことです。

見直す例をいくつか挙げてみましょう。現在の生活を振り返って、改善できる事があれば実践してみてください。

 

《生活の中で見直すべき内容》

・バランスの良い食事をする。

・お風呂などでは洗剤液を綺麗に流しきる。

・こまめに保湿ケアをする。

・十分な睡眠時間の確保。

 

我慢のできないかゆみは、何かしらの対処で乗り切るしかありません。

妊娠中に薬を使用するのは心配だし抵抗がある…これは誰しもが感じている悩みです。

しかし症状を悪化させないためにも、まずは出来ることから改善し、辛い場合には医師への相談しましょう!

※用法用量をしっかり守り、毎日清潔な肌を心がけましょう。

 

(photo: //www.ashinari.com/2012/05/23-362389.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

かゆみに関する記事

冬でもないのに乾燥や「かゆみ」が気になる・・・妊娠のせい?

秋から冬にかけての季節に乾燥に悩む方も多いでしょう。季節性の場合、一般的には...

バスタイムに出来る!簡単かゆみ軽減ケア

妊娠中、我慢の出来ない様々なかゆみ!頭から足先までとにかく痒くて辛い!という...

かゆみの体験談

妊娠中の悩み・・デリケートゾーンの痒み・・対処法について

恥ずかしい話ですが、いや、これは妊婦さんにはよくあることなので恥ずかしいことではありません!>< ...

お腹と背中の湿疹、痒み

最近前回の妊娠中の腹囲を超えるくらい急激にお腹が大きくなってきたのと、寒くなり乾燥してきたので今まで...

カラダノートひろば

かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る