カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 前兆 >
  5. 全身の血管にさまざまな悪影響!動脈硬化は手足の痛みに注意

生活習慣病

全身の血管にさまざまな悪影響!動脈硬化は手足の痛みに注意

 

心臓病の原因となる動脈硬化では、心臓だけでなく、全身の血管にさまざまな悪影響を及ぼします。高齢者に見られる閉塞性動脈硬化症では、手足の痛みが起こります。

 

 

閉塞性動脈硬化症とは

糖尿病や高血圧による動脈硬化は、全身のあちこちで、血管が細くなったりつまったりします。その結果、十分な血液が全身に行き渡らなくなった状態を、閉塞性動脈硬化症といいます。中年以降、とくに50代以上の男性に多いと言われています。

 

手足のしびれ・痛み

全身に血液が行き渡らないため、特に手や足などの末梢部分で酸素や栄養が不足して十分な動きができなくなり、末梢神経障害を起こします。動かしたときにしびれや痛み、冷えなどを感じます。進行すると、じっとしていても痛みやしびれが起こります。進行すると、痛みで数百メートルも歩けない状態になります。

 

悪化すると壊死も

主な血管が詰まった状態のまま放置すると、血流が届かないために手足が先端から壊死し、切断が必要になるケースもあります。急性の足(下肢)の動脈閉塞症の場合には、血栓や塞栓により、足の大血管が完全閉塞することがあります。その場合には非常に激しい痛みがあり、急速な壊死が起こります

 

すぐに検査を

高齢者の多くは、この痛みやしびれから、閉塞性動脈硬化症が発見されるケースが多く見られます。また、バージャー病が原因の場合もあり、病歴や血管造影などの検査を十分にした上での診断、治療が重要です。

 

生活習慣病を持っている場合には、動脈硬化の徴候を早めにキャッチし、対処することが大切です。また、閉塞性動脈硬化症そのもので、命を落とすことはまれですが、全身で同様の動脈硬化が起きていると考えられ、心疾患についても十分検査する必要があります。手足のしびれなどが起きていたら、医師に相談しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2013/09/18-382216.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

心臓病の前兆症状は自分で気づけない…気づけない理由とは?だからこそ大切な周囲の目

何となく疲労感があるとき、原因は何だと思うでしょうか? 仕事のし過ぎでしょうか...

朝の体調チェックで前兆を見逃さない

  狭心症や心筋梗塞は、前兆なく突然起こる場合がおおく見られます。 です...


知っておこう、こんな時にはすぐに受診!狭心症の前兆について

  日本における心臓病の死亡率は、癌に続き、第二位といわれています。 心...

心不全の徴候には要注意!

心臓に故障がある場合、心不全はゆっくりと悪くなることが多いのですが、まれに突然...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る