カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 前兆 >
  5. 粘膜などが青紫色になる状態「チアノーゼ」は心臓の異常

生活習慣病

粘膜などが青紫色になる状態「チアノーゼ」は心臓の異常

 

唇が青紫になるチアノーゼ、じつは貧血では起きにくいものなのです。チアノーゼは、血液が酸素を全身に送れていないことを示す、心臓病の重要な症状です。

 

チアノーゼとは

血液中の酸素濃度が低下して、爪や唇、粘膜などが青紫色になる状態を、チアノーゼと言います。医学的には、毛細血管に流れる血液中の還元ヘモグロビン(酸素と結びついていないヘモグロビン)が5g/dL以上となっている状態を指します。

 

チアノーゼは3タイプ

チアノーゼは、心臓の病気や呼吸器の病気が原因で起こります。

末梢性チアノーゼ:静脈血の酸素欠乏で起こります。指、耳たぶ、鼻の頭、頬などが紫色になります。

 

中心性チアノーゼ:動脈血の酸素欠乏によっておこります。主に口の中の粘膜、目の結膜などに起きます。

先天性心疾患によるチアノーゼ

 

チアノーゼの起こり方

心臓病や肺の病気の場合、血液中の酸素濃度が低下する原因がいくつもあります。血液中のヘモグロビンは、肺で酸素と結びつき、動脈に乗って全身に酸素を送りだします。先天性の心疾患では、肺から心臓に向うべき血液が直接静脈や左心室に流入し、酸素が全身に循環しにくくなり、チアノーゼが起こります。また、心筋梗塞などの心疾患で、全身に血液を循環させる力が弱まると、酸素とヘモグロビンを結合させて循環させるサイクルが遅くなり、結果的に指先や耳たぶなどのからだの末梢部位で酸素不足となり、チアノーゼが起こります。

心臓が原因のチアノーゼでは、全身の酸素不足からめまいやふらつき、失神なども併発します。チアノーゼは心臓の機能の低下を表すものです。心臓病がある場合には、前兆としてのチアノーゼに十分注意しましょう。

 

(Photo by: //www.ashinari.com/2011/10/11-351353.php?category=374)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

前兆に関する記事

こんな前兆が出たら救急車を呼んで!心臓病の3大前兆

  心臓病は、発作が起きてからでは手遅れになる場合もあります。 突然の心筋梗...

虫歯でもないのに奥歯が痛い!もしかしたら心臓病の前兆かも

  奥歯の痛みがあるときに考える病気といえばやはり虫歯です。 特に奥歯は磨き...


よく足がつる人は要注意!ふくらはぎから見る心臓病の前兆とは

  運動しているときにふくらはぎがつった経験を持つ方は多いかもしれません。 ...

知っておこう、こんな時にはすぐに受診!狭心症の前兆について

  日本における心臓病の死亡率は、癌に続き、第二位といわれています。 心...

カラダノートひろば

前兆の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る