カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. リハビリ(心臓病) >
  5. 健康保険が適用!心臓リハビリにはいくらかかる?

生活習慣病

健康保険が適用!心臓リハビリにはいくらかかる?

 

心臓リハビリテーションは、健康保険が適用されます。国が決めた保険点数なので、全国どこでも基本的に同額です。

 

 

健康保険で3割負担に

病院での心臓リハビリテーションは、1時間あたり6,000円です。健康保険により3割負担となりますから、病院の窓口で患者が支払うのは1,800円となります。

 

金額は施設の充実度で変わるところもある

心臓リハビリテーションを実施できる施設には、基準が設けられています。これをクリアしている医療機関では、上記の金額になります。これは病院のスタッフの人数や経験、施設の充実度などの基準を満たしている場合となります。小規模な病院では、別な小規模施設用の基準になり、費用も1時間あたり3,000円、自己負担分900円となるところもあります。

 

施設基準

厚生労働省によって定められた心臓リハビリテーション施設の基準では、医師・スタッフの人数と経験、スペースの広さ、必要な器具や装置が決められています。これを満たしていないといけません。また、リハビリについて記録することも定められています。装置はつぎのものが決められています。

酸素供給装置

除細動器

心電図モニター装置

トレッドミル(ウォーキングマシン)またはエルゴメータ(自転車こぎ)

血圧計

救急カート

また、病院内に、運動負荷試験装置を備えていることが必要です。

 

病院でのリハビリは、病院側がこうしたきまりを守らなければならないので、安心して受けることができます。また、保険が適用されることも安心です。さらに記録を管理することで、十分なリハビリの効果が得られます。自己判断せずに、医療機関できちんと心臓リハビリを続けましょう。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/12-381962.php)

著者: rosyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

リハビリ(心臓病)に関する記事

体力回復だけではない、心臓のリハビリは気長にやることが大切

  狭心症や心筋梗塞の手術の後、リハビリは気長に続けることが大切です。 ...

心臓手術後の運動

    心臓の手術などの後の心臓リハビリテーションでは、運動機能を取り戻すト...


心臓が弱いからこそ注意したい、心臓リハビリの過大負荷とは?

  心臓病の手術をした後などにはリハビリが必要なケースも見られます。 リハビ...

機能回復や再発防止、進行の予防に!心臓病の術後の心臓リハビリ

  心臓リハビリテーションは、心臓病で失われた身体的・精神的な機能を回復し...

カラダノートひろば

リハビリ(心臓病)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る