カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 狭心症 >
  7. 安定型狭心症とは? 労作性狭心症と異型狭心症

生活習慣病

安定型狭心症とは? 労作性狭心症と異型狭心症

          

心臓は、「心筋」と呼ばれる筋肉でできています。この筋肉が絶妙な動きで全身に血液を送り込むことで、人間は生命活動を維持しています。


しかし、この心筋に酸素と栄養素を運ぶための血管である「冠動脈」は、命のパイプラインとも呼ばれ、人が生きていくために重要な役割を果たしているのですが、この大事な冠動脈の内側が脂肪などでできたプラークによって狭くなり、心臓へ十分な血液を供給できなくなる虚血性の疾患を狭心症といいます

 

本来、労作時狭心症の症状は、労作時に起こります。例えばいつもより早いペースで歩いたり、階段の昇降や坂道を登ったときなどに、それまで感じたことのない、胸の中央部が締め付けられるような感じ、もしくは胸に何かを押し付けられたような圧迫感を感じます。これは少し休むとおさまってしまう(ほとんどが15分以下)のが特徴です。

 

痛みが強い場合は、左肩~腕や顎の部分まで痛みが広がります(放散痛)。また、みぞおちの部分が強く痛むので、人によっては胃の痛みと勘違いをしてしまう方もいます。

痛みの場所はあまりはっきりせず、「ここが痛い」と痛みのポイントを指で示せるようであれば、肋間神経痛や胃痛、胃痙攣などの場合もあります。症状の持続時間は、数分程度です。

ほとんどの場合は5~10分も安静にしていれば症状は一時的に落ちる来ます、長くても15分以上は続かない場合がほとんどです。

 

また、安静時狭心症(異型狭心症:冠攣縮)のような、身体に負荷をかけずに安静にしているときでも、同じような胸痛や胸部圧迫感などの症状が動作と関係なくでることがあります。

これは冠攣縮により冠動脈が痙攣様に収縮してしまうため、冠動脈が動脈硬化などで細くなった時と同様の症状が一時的に作り出されたために起きる現象です。


これら労作時狭心症と安静時狭心症(異型狭心症:冠攣縮)のような安定型の狭心症は、きちんと治療することによって、予後は比較的良いとされていますが、狭心症だと気付かずに症状が悪化し、心筋梗塞へと進行してしまう「不安定狭心症」という狭心症もあるため、数分以上長く続く胸痛を感じたり、息苦しくなったり、胸部が圧迫される自覚症状のある方は、早めに専門医を受診することをお勧めします。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2012/09/12-369784.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

狭心症に関する記事

狭心症の発作は2種類!「運動中」に起こる発作と、「就寝中」に起こる発作とは

  狭心症は心臓自体への酸素や栄養の供給をする、冠動脈が狭窄するなどして、心臓...

高血圧や高脂血症など…狭心症を起こしやすい生活習慣とは?

             コレステロールや中性脂肪、また繊維性結合組織を含...


狭心症発作が起きたときの「硝酸薬」って?その働きと、使用する際に注意したい点!

  狭心症の症状は発作です。心臓に酸素や栄養を送る冠動脈が狭窄していたり、けい...

動脈硬化の一歩手前「狭心症」は心臓が酸欠している状態!なぜ心臓が酸欠するの?

  心臓は人の生命活動の要になる臓器です。その主な働きは全身に栄養のある血液を...

カラダノートひろば

狭心症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る