カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. アルツハイマー >
  5. 病院 >
  6. 検査 >
  7. アルツハイマー型痴呆~痴呆の病期を知るスケール検査って何?

介護・認知症

アルツハイマー型痴呆~痴呆の病期を知るスケール検査って何?

        

アルツハイマー型痴呆(Alzheimer?type dementia:ATD)は、初老期、老年期に痴呆を来す代表的な変性疾患です。

 

平成11年よりdonepezil(商品名:アリセプト)がこの疾患の治療薬としてわが国で初めて認可され、また平成12年4月より施行されている介護保険の要介護認定における特定疾患として指定されています。

このことからも、アルツハイマー型痴呆の診断は、臨床においても介護においても重要となってきています。


アルツハイマー型痴呆の症状は、記憶障害、見当識障害、志向・判断の障害、人格変化などの精神症状大脳巣症状等の神経症状に大別されます。


また、アルツハイマー型痴呆は慢性進行性で、病気によってその臨床症状も変化します。

この疾患の経過は3期に分かれており、初期には健忘症候群と経度全般性痴呆、ならびに感情・意欲面の障害を主とする性格変化がみられ、中期には初発症状の進行とともに、失認・失行・失語といった大脳巣症状がみられ、末期には高度の人格崩壊状態に達し、多くは寝たきり状態になるとしています。


痴呆の病期の評価スケールとしてはFASTCDRなどがあります。


*Functional Assessment of Staging(FAST)
アルツハイマー型痴呆を日常生活の自立度から7段階のステージ分類をするもの。


*Clinical Dementia Rating(CDR)
記憶・見当識・判断力と趣味・関心およびパーソナルケア(自分自身でできること)の6項目について5段階評価するものです。


また脳血管性痴呆との鑑別をするために、Hachinskiの虚血スコアなどがあります。
アルツハイマー型痴呆なのか、非アルツハイマー型痴呆なのかを判断することは診断上非常に大切なため、これらのスコア検査を行い、CTMRI脳SPECT検査など、他の検査と併せて総合的な判断をする必要があります。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/10/14-383246.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

検査に関する記事

心理検査や頭部CT、MRI検査…アルツハイマー型痴呆の検査

    アルツハイマー型痴呆(ATD)は、初老期、老年期に痴呆を来す代表...

アルツハイマー型認知症の診断に有効! 脳血流SPEC検査とは

             アルツハイマー型認知症の診断は、臨床的にも介護的にも...


アルツハイマー診断の検査方法~脳検査編

 アルツハイマー検査で行われる、脳検査の内容をまとめました。     ...

アルツハイマー検査を受けてくれない時の対処法

 家族が、アルツハイマーではないか?と心配しているのに、本人は検査を受けたが...

カラダノートひろば

検査の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る