カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. 脳血管性認知症 >
  5. 家族 >
  6. 認知症の認知機能の低下…家族はどう関わればいいの?

介護・認知症

認知症の認知機能の低下…家族はどう関わればいいの?

       

人は、身体の五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)で情報を得、それを脳で判断します。

今おかれている自分の状況はどういうもので、これからどうするべきかを考え、判断し、言葉にしたり行動にします

認知機能」とは、それらの状況の認識と、それに基づく決断能力と言えます。


例えば、目で見た風景を美しいと感じ、それを言葉にして人に伝え、気持ちを共有し合うでしょうし、美味しそうな臭いを嗅いで、それをお金を払って購入し、味を味わって幸せだと感じるでしょう。

そういう当たり前の日常生活は、認知機能が正常に機能しているからなのです。


しかし、認知症になると、この認知機能が低下するために、それまでしていた当たり前の行動が出来なくなります。記憶力や記銘力が低下し人の名前を忘れ、言葉もうまく出てこなくなります。


認知機能が低下すると、それまで認識してきたものは、まるでオブラートのように膜がかかり、うまく認識できなくなります。

ですから難しい言葉や言い回しは当然のごとく理解できませんし、自分は何も悪いことをしていないつもりなのに、大声でどなられたら理不尽だと感じて、相手に対して不快感を抱きます。


認知症の相手に気持ちを伝えたいとき、大声で怒鳴ったり、早口でまくし立ててはいけません。難しい言い回しもだめです。


「ゆっくりとした口調」で、「できるだけ笑顔」で、物事を伝えます。嬉しい時は笑顔で笑うのもいいでしょう。

してほしくないこと、やってはいけない事を伝えるときは、叱って諌めるのではなく、悲しそうな顔をして低めの声でゆっくりと「やめて」という意思表示をします。


こちらの意図を正しく察してくれた場合は、相手に対して嬉しそうに「ありがとう」と伝えます。


当然、認知症の患者に関わっていると、苛々もしますし、ため息がつきたいほど嫌になることもあるでしょう。

ですが、上手に付き合っていくためには自分もある程度、考え方を変えていかなければいけません。

そうしていかないと、自分が精神的に参ってしまいます。


それでも最終的に「もうどうしようもない」「無理だ」と感じてしまったら、恥ずかしいと思わずに専門家や公的機関のソーシャルワーカーに相談しましょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/10/25-383444.php?category=3)

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

家族に関する記事

認知症にみられる行動の評価尺度が介護を変える!?

              医学の進歩により、検査や診断、治療法がより進歩した...


何故?認知症の患者が家族や介護者に攻撃的になる、その理由

     認知症患者に見られる独特な行動障害や精神症状(徘徊、社会文化的に不適...

時間で変わる脳血管性認知症の症状の波!脳血管性認知症の1日

    脳血管性認知症の特徴は、日内変動で脳の覚醒の仕方が違い、その変動の差...

カラダノートひろば

家族の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る