カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 認知症 >
  4. 認知症が酷くなってしまったらどうすればいいの?介護施設の利用

介護・認知症

認知症が酷くなってしまったらどうすればいいの?介護施設の利用

 

もし病院や専門のクリニックなどを受診し、認知症と診断されたら、ある程度までであれば自宅で家族が見守ったり、単身者であっても地域のサポート体制があればなんとか生活が送れるでしょう。

 

しかし、認知症の症状が進行し、家庭での生活が困難になった場合は、専門の病院への入院や認知症対応のケアホーム・老人ホームへの入居をすることになると思います。

 

2000年の4月から、介護保険制度が導入され、介護認定が成されれば、認知症の方を受け入れてくれる施設に入居が可能となります。

 

介護保険制度では、要介護1~5、要支援などの段階別の介護度評価がなされ、痴呆の評価もそこでされます。

評価に当たってはかかりつけ医の意見書や介護支援専門員(ケアマネージャー)の調査結果が重視されます

ただし、身体疾患の評価に比べると、認知症に伴う諸症状の評価が低くなりがちです。

 

認知症の介護度に関しては、認知症そのものはもちろんのこと、認知症に随伴してみられる問題行動(徘徊、社会文化的に不適切な行動、性的脱抑制、収集癖など)や精神症状(攻撃性、叫び声、不穏、焦燥、暴言、妄想など)、いわゆるBPSD(Behavioral and Psychological Symptoms of Dementia)についてもきちんと評価してもらう必要があります。

 

介護保険制度導入当時は、それこそ医師やケアマネージャーに対する教育が十分ではなく、評価方法についても十分ではないといった問題点が多々ありましたが、現在ではその問題点もかなり改善されてきており、認知症に対する問題意識の向上が認められます。

 

認知症の患者を抱える家族は、様々な問題に直面し、疲労し、核家族化が進行している現代社会ではその協力体制すら得られないことがほとんどです。

そんな中、精神的な憔悴から明日への希望も見いだせず、認知症の家族を抱えたまま死を選ぶといったケースの報告も少なくありません。

それは認知症患者と患者を抱えた家族の悲劇であると共に、高齢化社会を迎えた我が国の社会的な悲劇であるともいえます。

 

そうならないためにも、無理をしすぎない、認知症という病気を恥じずに助けを求めることも大切なのだということを知っておいてください。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/01/10-374993.php )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-24掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

カラダノートひろば

認知症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る