カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 心臓病 >
  4. 基礎知識 >
  5. 種類 >
  6. 心筋梗塞 >
  7. どんな胸痛が危ない?心筋梗塞へ移行するサイン 

生活習慣病

どんな胸痛が危ない?心筋梗塞へ移行するサイン 

        

心筋梗塞とは、心筋に酸素と栄養素を運ぶための「冠動脈」の内側に、脂肪などでできたプラークができ、そのプラークが破れて血栓となって心臓へ十分な血液を供給できなくなったために心筋が壊死してしまう虚血性の疾患をいいます。

 

血管の内腔がプラークなどで狭窄を起こす同じ虚血性の疾患であっても、狭心症の場合はわずかながらも血液が流れているため、心筋が壊死するまでは至りません。

そのため、狭心症は発症後に適切な治療とコントロールを行えば、比較的予後は良いとされています。

しかし、その狭心症の中には、心筋梗塞に移行するものもあります

 

心筋梗塞に移行する危険な狭心症は、「不安定狭心症としてまとめられます。近年、虚血性心疾患の治療法として血栓溶解療法や方向性冠動脈粥腫切除術(DCA)などが行われるようになり、虚血性心疾患の治療に効果をあげています。

しかし、心筋梗塞は致死率が高いうえに、一度なってしまうと壊死した心筋が元に戻ることはありません。

ですから、心筋梗塞に移行する前に早めの対応が必要となります。

 

急性心筋梗塞の胸痛は典型的な症状として胸骨の裏を中心とした数センチの広がりをもつ前胸部の痛みです。

多くは左肩、左腕、背部へ放散します。

痛みの性状は、絞扼感(牛っと締め付けられる感じ)、圧迫感、重圧感、焼けるような痛みと表現され、今までに感じたことへの不快感、死の恐怖を伴うことが多いとされます。

時に痛みは強烈で、迷走神経・知覚神経が刺激され、冷や汗や悪心、嘔吐を伴うことも多くあります。


胸痛が持続する時間は平均6時間程度です。狭心症の胸痛と異なり、ニトログリセリンの舌下投与で軽快しないことも特徴です。

痛みの強さは一般に狭心症よりも強いのですが、無痛性心筋梗塞が存在するように個人差が多く、糖尿病に罹患している方など、痛みを感じにくい方もいます。

体位変換や呼吸に伴う痛みの強さの変動があまり見られないことも特徴です。


既に狭心症に罹患している方で、いつもよりも強い痛みを感じたり、ニトログリセリンを舌下しても痛みが軽減しない場合は、すぐに救急車で専門病院を受診してください。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2009/01/30-013142.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

心筋梗塞に関する記事

24時間以内の致死率も高い!?心筋梗塞は早期治療が延命のカギ

        不安定狭心症は心筋梗塞へ移行しやすい狭心症として危惧される疾...

知ってる?心筋梗塞が起こりやすい時間帯…「朝」と「夕方」の時間には要注意!

  心筋梗塞というのは、心筋に酸素や栄養素を送る冠動脈がつまることによって、つ...


心筋梗塞の特徴的な「胸痛」とはどんな症状?時間と共に痛みがなくなっても油断しないで!

  心筋梗塞を発症した場合、3人に1人は死亡するとされています。 日本では生...

糖尿病患者や高齢者は要注意!自覚症状がない「無痛性心筋梗塞」ってなんだ?

  全身の臓器は新しい酸素や栄養を常に供給されていなければ動けません。そのため...

カラダノートひろば

心筋梗塞の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る