カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳 >
  5. もう限界!産後パンパンな乳房の対処法!

育児・子供の病気

もう限界!産後パンパンな乳房の対処法!

一大仕事の出産を終え、休む間もなく子育てがスタート!産後ママの中には母乳がたくさん作られすぎて、乳房がパンパンになってしまうママも少なくありません。

赤ちゃんに飲ませたくても、うまく飲めない赤ちゃんや、タイミングがわるく眠ってしまって飲んでくれない時も!

産後の疲れた体に、夜の睡眠すら邪魔をされてしまう乳房の悩み。パンパンにはって痛む乳房の対処法をお伝えします!是非、実践してみてください。

 

飲ませたり搾乳をして、とにかく出す!

当たり前のことかもしれませんが、作られた母乳は出すしか方法がありません。赤ちゃんに飲んでもらう事と、搾乳をして冷凍保存する事など、とにかく母乳を出して、少しでも乳房を楽にしましょう。

母乳を出すと、新たな母乳が作られて、またパンパン!の繰り返しですが、今はパンパンを打破するために出すことが適切です。

 

 

冷やす!

母乳の出をよくするためにはホットタオルなどをあてる事と同じ考えで、母乳のいたみやパンパンなはれを少しでも楽にするために、授乳や搾乳以外にも冷やすという方法があります。保冷剤やアイスノンをタオルにつつみ、乳房にあててみてください。

 

 

マッサージを控える!

産後のママの多くが、産院で「おっぱいマッサージ」を教わったことと思います。「おっぱいマッサージ」とは乳腺を刺激することで母乳の出をよくするためのマッサージです。乳腺炎などのトラブル対策にも効果的とされています。しかしパンパンに張った乳房には逆効果!マッサージをすることで、更に母乳の分泌を促してしまうため、張った乳房にはマッサージを控えることも大切です。

 

 

異変を感じたら病院へ!

乳房が熱をもっている・膿のような母乳が出る・痛みがひかない・痛みが続くなど、少しでも異変を感じたら、我慢をせず病院を受診しましょう。場合によっては乳腺のトラブルなどになりかねません。異変には早く気づき、早めの対処が肝心です。

 

 

以上の内容を、頭において、産後の乳房がパンパンで辛いときには是非実践してみてください。大切なことは何事も無理をしないことです。搾乳に関しても、冷やすことに関しても、過剰にやりすぎては良くありません。そして、休憩をいれながら、乳房の様子に合わせて行いましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2009/02/23-014450.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

母乳に関する記事

【乳児の育児体験談】授乳がうまくできなかったです

    「生まれるまではどんな出産になるかばかり考えるけれど、生まれると...

母乳をうまく吸わせるコツ!

    出産して、休む間もなく始まる次のお仕事!それは授乳です。生まれたばかりの...

母乳の体験談

完全母乳育児成功のコツ!〜母乳がよくでる食事、控えた食べ物〜

私は妊娠が分かった時から、漠然と母乳で育てたいと考えるようになりました。 粉ミルクに対する抵抗感が...

母乳によいこと、悪いこと~甘いものが食べたいときは!~

今では懐かしい思い出ですが、母乳をあげていた頃は、いろいろと悩んだり、困ったりすることの連続でした。...

カラダノートひろば

母乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る