カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. おりもの >
  5. おりものには漢方?意外な対処法!

妊娠・出産

おりものには漢方?意外な対処法!

 

 

沢山の女性が抱える「おりもの」の悩み。いつも清潔にすることや、専用シートをこまめに交換するなど、様々な対策をとられていると思いますが、実は、“漢方”も効果的だということを知っていますか?普段、漢方など飲む機会はなかなか無いと思いますが、今までの「おりもの対策」の新しい方法として、是非参考にしてみてください。

 

◆「おりもの」と「漢方」の深い関係性

中医学(中国)では“おりもの”でのトラブルのことを“帯下病(たいげびょう)”と呼んでいます。おりものが多いことや、色・においの変化などの様子から使用する漢方が異なります。薬ほどの即効性はありませんが、体の内からじわじわと効き目が伝わってくる漢方特有の効果は、体にも負担が少なく、良いとされています。

 

◆自分に合った漢方がある。

漢方を用いて対処する場合、自身の「おりもの」の状態によって使用する漢方が異なります。生活習慣の中で疲れやストレス、冷え性だったり腰痛や口臭問題など、様々な面から「おりもの」の原因を捉え、一人ひとりのライフスタイルに合った漢方を飲むことが重要です。素人判断でなく、漢方を扱っているお店に直接相談しましょう。

 

◆漢方の効果

漢方とは風邪などの症状に対して即効性があるものもあれば、継続的に飲むことで、じわじわ効果を発揮するものもあります。症状の軽度や体質などによる個人差はありますが、慢性的な症状の場合には即効性は期待できません。普段の生活から改善していく努力と漢方の併用で、おりものにも変化が出てきます。気長に付き合っていく姿勢も大切です。

 

 

「おりもの」と「漢方」は、馴染みがなく意外性を強く感じ、中には“苦い”、“即効性がない”というイメージから抵抗がある人もいると思います。しかし、良薬口に苦し!「おりものの様子が変だな」と思った時は、病院へ行く!それは正しい選択ですが、例えば薬を処方してもらう前に「漢方はありますか?」と聞いてみたり、漢方のお店で自分に合った物を出してもらうなど、“漢方”という選択肢を考えてみてもよいかもしれません。

  

(photo by: //www.ashinari.com/2012/11/14-372910.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

増加中!おりものが原因のトラブル…妊娠中にカンジダになってしまった場合の対処法

妊娠中はおりものが原因となるトラブルが発生しやすくなります。 毎日清潔にして...

“おりもの”がもつ魔法のチカラとは?!

    妊娠中の“おりもの”は、量が多く不快感を伴う、かゆみのトラブルに繋が...

おりものの体験談

妊娠中期から増えてきたおりもの対策!布ナプキンの勧め

元々おりものは多くなかったのですが、妊娠中期から急に増えてきました。 色は白いものがほとんどで、医...

破水?それともカンジタ?妊娠中の大量のおりもの

次男妊娠中にカンジダになり、ヒヤリとしたお話です妊娠中に全力疾走長男が1歳10ヶ月の頃、自宅マンショ...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る