カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. おりもの >
  5. 増加中!おりものが原因のトラブル…妊娠中にカンジダになってしまった場合の対処法

妊娠・出産

増加中!おりものが原因のトラブル…妊娠中にカンジダになってしまった場合の対処法

妊娠中はおりものが原因となるトラブルが発生しやすくなります。

 

毎日清潔にしているつもりでも、ママと赤ちゃんを守るために「おりもの」はせっせと働き、悪い菌をおりものとして排出してくれます。

 

妊娠中はとくにおりものが増え、不快感を感じてしまいますが、同時におりものトラブルも増加傾向にあります。

 

その1つとして多く発症されるトラブルに「膣カンジダ」があります。

 

 

妊娠中のカンジダ治療は赤ちゃんへ影響がないのでしょうか?

「カンジダかも」と悩んでいるママ必見!この内容を読んで、是非参考にしてみてください。

 

膣カンジダになってしまったら?

ほとんどの場合、膣に入れる膣錠の薬を処方されることと、外部から塗る軟膏を処方されます。

赤ちゃんがいるため、膣に薬を入れるということに抵抗もあるかもしれませんが、赤ちゃんへの影響は無い薬なので安心して使用しましょう。

 

放っておくと、かえって大きな問題に繋がる場合もあります。

 

必ず病院での対処をうけること!

膣洗浄関連のグッズをドラッグストアなどで購入することも出来ます。

 

ですが、妊娠しているということもありますし、何よりも原因を追究し、菌に感染しているのかどうか・症状の軽度・適切な対処などを医師に診てもらうことが大切です。

 

ですので、必ず病院で対処を受けてください。絶対に自己判断で行わないようにしましょう。

 

ちゃんと膣に入っているか不安…

処方された膣錠は、通常であれば、膣の中で溶け、時間の経過と共に白いどろっとした液体が出てきます。

 

薬が溶けたような液体が出てこない場合には、膣錠を正しく使用できてない可能性があります。

お腹も大きく、自分で対処できなければ、無理をせず病院で入れてもらうなどして対応しましょう。

 

治っても繰り返す?

膣カンジダは、膣錠と軟膏の対処で早い回復が期待できます。

しかし、妊娠中は膣の中はカンジダ菌が繁殖しやすいアルカリ性となっているため、繰り返して発症してしまうことも少なくありません。この場合にも、また同じ治療をしましょう。

 

膣のトラブルとなると、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて心配になったり不安になったりしてしまいますが、そのまま放置しておく方がかえって大きな問題に発展しかねません。

少しでも異変を感じたならば、すぐに対処し悪化する前に早めの完治を心がけましょう。

ママの体と、お腹の赤ちゃんを守ることは、ママの判断と行動力次第です!

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

おりものに関する記事

おりものには漢方?意外な対処法!

    沢山の女性が抱える「おりもの」の悩み。いつも清潔にすることや、専用シ...

妊娠初期のおりものって?「これって妊娠初期症状?」と思ったらチェック!

いつもの頭痛が長引いていたり、風邪を引いたようにだるい時間が続いたり、妊娠初...

おりものの体験談

妊娠中期から増えてきたおりもの対策!布ナプキンの勧め

元々おりものは多くなかったのですが、妊娠中期から急に増えてきました。 色は白いものがほとんどで、医...

破水?それともカンジタ?妊娠中の大量のおりもの

次男妊娠中にカンジダになり、ヒヤリとしたお話です妊娠中に全力疾走長男が1歳10ヶ月の頃、自宅マンショ...

カラダノートひろば

おりものの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る