カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. しびれ・痛み >
  5. 妊娠期の"歯"の痛み…これってもしかして「妊娠性歯痛」?歯トラブルの予防法

妊娠・出産

妊娠期の"歯"の痛み…これってもしかして「妊娠性歯痛」?歯トラブルの予防法

妊娠中にはホルモンバランスの関係や、体型の変化などで体中に痛みを感じることがあります。下腹部、太ももの付け根、頭痛などその症状は様々です。

中には、“歯”の痛みを訴える妊婦さんも多く存在します。

妊娠中に“歯”の痛み・トラブルはとても大変です。歯医者へ行こうにも、お腹の大きい妊婦さんは処置台に乗るだけで精一杯。今回は、妊娠中の歯の痛み、対処法をご紹介します。

 

なぜ妊娠中に歯が痛くなるの?

ただの虫歯だったということもありますが、虫歯でなく妊娠をしたことがきっかけで、歯が痛む場合があります。

これは妊娠性歯痛といって、ホルモンのバランスの影響から、神経が過敏に反応してしまうために起こる現象。虫歯の場合は、ずきずきとしたり、冷たい・温かい飲み物を飲んだ時にしみたりするのが一般的な症状です。

 

それに引き換え、妊娠性歯痛は虫歯特有の痛みとは異なり、酸味のあるものなどに普段以上の過剰反応を起こし、激痛が走るという症状を感じることがあるのです。 

「妊娠中、歯が弱くなる」って本当?

妊娠中は、歯が弱くなるとよく耳にしますよね。これは、妊娠中の口内は酸性になってしまうことが原因とされています。

酸性になることによって、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。そのため虫歯や歯周病など歯のトラブルが起こりやすくなるのです。

 

また、粘り気のある唾液に変化したり、悪阻などの関係から食事の変化・回数の頻度などが変わったりすることも歯が弱くなるきっかけになることがあります。また、悪阻で嘔吐を繰り返している時は、口の中がいつも以上に不衛生になっています。

歯にとって健康的な口内環境を整えることが、安全な妊娠生活を送るうえで大切になってきます。

 

歯トラブルの予防:オーラルケア

食後の歯みがき・うがい

妊娠中は、悪阻などで歯みがきをすることさえ辛くなってしまう妊婦さんも少なくないはずです。しかし、口内を清潔に保つため、食事後の歯みがきやうがいは、かかさず行うよう心がけるようにしましょう。

 

歯みがきプラスα

また、ブラッシングだけでなくデンタルフロスをプラスした細かなオーラルケアは、虫歯の予防をさらに高めてくれます。歯の隙間には、意外と食べかすが残っており、ブラッシングだけでは取ることができない場合が多いです。

 

そのため、食べかすが虫歯菌の栄養素になり、虫歯や歯周病の原因へと発展してしまいます。デンタルクロスを使用することで、ブラッシングだけでは取り除けない食べかすを除去できるので、より清潔な口内環境を保つことができるのです。

歯トラブルの予防:食事改善

大豆製品を食べる

丈夫な歯をまもるためには、食事から見直していくこともとても大切なポイント。カルシウム・タンパク質など、歯の健康を守る栄養素を多く含んだ食材を摂取するようにしましょう。特に歯に必要な栄養素が揃っている食材として、大豆製品がおすすめです。

 

歯の栄養素に必要なカルシウム・タンパク質はもちろんのこと、大豆製品にはマグネシウムも含まれています。マグネシウムは、カルシウムの吸収を助けてくれます。

豆腐、豆乳などお料理に手軽に加えることができるので、楽しみながら取り入れていってくださいね。

 

甘い食べ物を控える

甘い食べ物に絶対と言っていいほど使用されているのは、砂糖。この砂糖も虫歯菌の大好物。つわりの時期が落ち着くと、食欲が増す時期がやってきます。

その時に甘い食べ物を食べすぎてしまうと、虫歯になる原因になりやすくなります。甘い物は適度に楽しむようにしましょう。

 

 

【体験談 Pick Up】妊娠中のママの歯について~むし歯に悩まされた日々~

 

投稿者:こはるんるんさん

 

妊娠中、私はむし歯に悩まされていました。 歯医者に通い、治療を続ける日々・・。 そうならないためにも、しっかり予防をしましょうね>< 妊娠中は唾液がネバネバしているため、食べかすが残りやすくなります。 つわりなどで酸っぱいものを好んで食べるようになったり・・と お口の中がいつも以上に酸性になってしまいます。 しっかり歯を磨いていないとむし歯になりやすくなります。 理想は毎食後にしっかり歯磨きをすることですが、 つわりなどで歯磨きすることも困難な時もありますよね・・。

そんな時は、水で口をゆすぐだけで違います。 食べた後はうがいをするよう心掛けてください。 妊娠中、やたらとお腹が空くため、ひたすら何かを食べていました。 「だらだら食い」です。 それに、甘いものを毎日必ず食べていました・・。 今思えば、そりゃむし歯になるよ・・(/_;) と思いますが・・。 我慢のし過ぎはストレスになりますが、程々にしないといけません!

食べ過ぎないように、キシリトール配合のガムを噛んだりすると 効果的かもしれません^^ 妊娠中は歯が痛くても薬にも気を使います。 幸いにも、妊婦さんでも大丈夫なお薬をもらい、産科の先生にもOKをもらったので 痛み止めを飲みましたが、あまり良いものではありませんよね・・。 むし歯は本当に辛いものです・・。痛いし、美味しく食べれないし・・。 虫歯にならないためにも、しっかり歯を磨いてくださいね! (無意識に磨くのではなく、鏡を見ながらだとしっかり磨けるそうです) 甘いものの食べ過ぎにも注意が必要ですね! ストレスを溜めない程度に虫歯予防をしてくださいね^^

 

歯に安全・優しい環境作りを

妊娠すると歯の治療はとても大変です。歯のトラブルは普段の生活の中で軽減させることが可能なので、できる限りの予防をして、妊娠期を乗り切りましょう。

万が一、歯のトラブルが起こってしまった場合には放っておくことをせず、歯医者へ受診してください。受診の際には妊娠している旨を伝え、使用する薬などの相談をしっかり行ってくださいね。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-06-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しびれ・痛みに関する記事

妊娠中のしびれ症状の対策に効果アリ☆な食事の仕方、3つのポイント

妊娠中は、様々な体調の変化を感じますよね。普段とは違う症状に驚くことも多いと思い...

妊娠中の気になる不調…「足の付け根の痛み」も妊娠が原因?対処法は?

妊娠すると大きくなったお腹を支えるために負荷がかかります。そのため今までしなかっ...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

しびれ・痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る