カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. しびれ・痛み >
  5. 妊娠期の"歯"の痛み…これってもしかして「妊娠性歯痛」?歯トラブルの予防法

妊娠・出産

妊娠期の"歯"の痛み…これってもしかして「妊娠性歯痛」?歯トラブルの予防法

妊娠中にはホルモンバランスの関係や、体型の変化などで体中に痛みを感じることと思います。中には“歯”の痛みを訴える妊婦さんも多く存在します。

妊娠中に“歯”の痛み・トラブルはとても大変です。歯医者へ行こうにも、お腹の大きい妊婦さんは処置台に乗るだけで精一杯。

ここではそんな妊娠中の歯の痛み、対処法を考えてみましょう。

 

なぜ歯が痛む?

ただの虫歯…ということもありますが、虫歯でもないのに歯が痛む場合があります。

これは妊娠性歯痛といって、ホルモンのバランスの影響から、神経が過敏に反応してしまうために起こる現象です。酸味のあるものなどに普段以上の過剰反応を起こし、激痛が走る!という症状などがあります。 

 

「妊娠中、歯が弱くなる」って本当?

妊娠中は歯が弱くなると聞きますよね。これは、妊娠中の口内は酸性となり、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまうため歯のトラブルや虫歯などになりやすいからです。

また、粘り気のある唾液に変化したり、悪阻などの関係から食事の変化・回数の頻度などもキッカケとなって、総合的に「歯が弱い」とまとめられます。 

 

歯トラブルの予防

妊娠中は悪阻などで歯みがきをすることさえ辛くなってしまう妊婦さんも少なくないはずです。しかし、口内を清潔に保つため、食事後の歯みがきやうがいなどを心がけましょう。

また、ブラッシングだけでなくデンタルフロスを使用した細かなオーラルケアや、食事改善などで歯のトラブルを防げるでしょう。

 

食事改善のポイントとしては、

・食物繊維やカルシウムを多く摂取する。

・糖質を控える。

・間食の回数や量を減らす。

 といったことが大切です。

 

 

妊娠すると歯の治療はとても大変です。歯のトラブルは普段の生活の中で軽減させることが可能なので、できる限りの予防をして、妊娠期を乗り切りましょう。

万が一、歯のトラブルが起こってしまった場合には放っておくことをせず、歯医者へ受診してください。受診の際には妊娠している旨を伝え、使用する薬などの相談をしっかり行ってください。

 

(Photo by:足成 )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

しびれ・痛みに関する記事

妊娠で「花粉症」は重くなる?軽くなる?

既に「花粉症」に苦しんでいる方から、妊娠によって「花粉症」が重くなったという...

妊娠中のしびれ症状の対策に効果アリ☆な食事の仕方、3つのポイント

  妊娠中のしびれは日常生活に影響を及ぼすこともあります。ペンが持てなかっ...

しびれ・痛みの体験談

つらすぎる!痛い!妊娠中の足のつり

妊婦だった時に私はこれでもかというくらい足がつりました。つらないように足を温めたり、なるべくゆっくり...

激痛!こむら返り。妊娠中のこむら返りの原因

一人目の出産予定日は1月の頭で真冬でした。 妊娠後期になった頃、夜中に足がピキーンとなりとても痛か...

カラダノートひろば

しびれ・痛みの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る