カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 目・まぶた >
  4. ドライアイ >
  5. 鍼灸や漢方、ハーブなど…アレルギーの代替医療について

気になる病気・症状

鍼灸や漢方、ハーブなど…アレルギーの代替医療について

onsen.jpg

アレルギーの治療方法は、西洋医学によるものと代替医療によるものに大きく分けられます。
日本国内では、東洋医学はどちらかといえば代替療法に含まれています。


●アレルギーに良いとされる代替療法

アレルギーに良いとされる代替療法には東洋医学の漢方を利用したもの、鍼灸を利用したもの、ハーブなどがあります。
最近ではホリスティック療法の中のホリスティック栄養療法が、代替療法として使われることもあります。
代替療法はその場で出た症状を緩和させるタイプのものよりも、根治を目指すタイプのものの方が多いです。
アレルゲンに対して過剰反応しやすい体質を治すということです。

●代替医療を受ける人はどれくらいいるの?


免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業で、代替医療の実態および有効性の化学的評価がなされました。
その中で1万人以上の実態調査を行ったところ一般医療機関で治療を受けているアレルギー患者が代替医療も利用している割合は5.5-30%となりました。
地域によって差があることがわかっています。
また、この研究では西洋医学の治療を受けていないグループの場合は、更に代替医療の利用率が高いと予測しています。

●どんな代替医療を利用しているの?


同じく免疫アレルギー疾患予防・治療研究事業で明らかになったのは、罹患しているアレルギーによって利用する代替医療が異なるということです。
この時の実態調査では、アレルギー性鼻炎には甜茶、喘息では漢方、アトピー性皮膚炎は温泉入浴などが中心となっているとわかりました。

(Photo by //www.ashinari.com/2012/08/28-368083.php)

著者: すばらさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ドライアイに関する記事

白目から血管が生まれる?!角膜新生血管とは?

  コンタクトレンズの使用方法、気を付けていないと…   角膜新生血管という病...

目の乾燥が引き起こす目の痛み!

  冬は肌の乾燥に対策をしている人もいると思いますが、肌以上に外からの刺激を受け...


病気発症後1年以内であれば適応可能~リスクの少ない角膜移植術

  リスクの少ない角膜移植術は、病気発症1年後には適応されない?!~水疱性...

早めの対策でドライアイを防ごう!

   「目の疲れ」は誰でも日常的に感じるもの。 しかし、 疲れがなかなかとれな...

カラダノートひろば

ドライアイの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る