カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 喘息 >
  5. 生まれてくる我が子が喘息にならないために…禁煙&葉酸の過剰摂取は避けること!

妊娠・出産

生まれてくる我が子が喘息にならないために…禁煙&葉酸の過剰摂取は避けること!

妊娠中に、「私がもっているアレルギーやアトピーなどが胎児へ遺伝してしまうのではないか?」と心配してしまう妊婦さんはたくさんいらっしゃいます。

アレルギーやアトピーなど症状によって対処法は異なりますが、今回は、“喘息”にスポットを当てて、どのようなことが原因で喘息になるのか、またどのような対策があるのか、お届けします。

 

妊娠時の喫煙が喘息の原因に

妊娠中に喫煙をすることによって、生まれてくる赤ちゃんが喘息を発症してしまうリスクがあります。

特に妊娠初期、赤ちゃんの細胞分裂や内臓・呼吸器官の形成・成長を著しくしている段階での喫煙はとても危険。

赤ちゃんの成長へ悪い影響をあたえ、出産後の数年経ってから喘息を発症してしまう…ということにもなりかねません。

 

「葉酸」の過剰摂取も喘息のリスクあり

妊娠中は積極的に摂取していくべき栄養素の1つに葉酸があります。この葉酸ですが、実は過剰な摂取が危険とされています。

1日に必要な摂取量は400μgとされていますが、過剰な摂取とは1mgほど摂取することを意味しています。過剰な摂取が原因で、先天異常や奇形・喘息などのリスクが高くなるとされています。

 

「アレルゲン」の取り過ぎも注意

卵や大豆、牛乳など、毎日摂取すると健康に良さそうなイメージがありますよね。しかしアレルギーに反応する「アレルゲン」を含んでいるため、毎日続けて過剰に摂取することはオススメできません。

 

祖母に進められて牛乳を毎日たくさん飲んでいたら、周りに誰もアトピーの症状を持つ人がいないにも関わらず、赤ちゃんにアトピーが発症してしまったという話もよくあります。

 

バランスの悪い食事や生活も喘息の要因

喘息に限らず、どんな病気でも、日々の生活が一つの要因であると言われています。妊娠中にバランスの悪い食事や不規則な生活は避けるようにしましょう。

 

妊娠中は周りの人にも協力も必要

生まれてくる赤ちゃんが喘息を起こさないよう、ママ自身がしっかり注意することが大切です。

しかし、ママだけでなく身近にいる人の協力も必要。もし周りに喫煙者がいる場合は、ぜひ注意してもらうようにしましょう。

 

(Photo by:https://www.photo-ac.com/)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-13掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

喘息に関する記事

妊娠中の喘息はどう対処する?胎児への影響はあるの?

喘息(ぜんそく)持ちの場合、妊娠中や出産時に発作が起きたらどうしよう、薬は飲んで...

トラブルの体験談

おっぱいマッサージ

10年振り、3人目を妊娠中です。 35週を迎え、完母が目標な事から、おっぱいマッサージを開始しまし...

妊娠中の子宮がん検診。「Ⅲa」で再検査

妊娠したら必ず行われる子宮がん検診。 1人目の時に「Ⅲa」で再検査。 2人目の時は「Ⅱ」で問題な...

カラダノートひろば

喘息の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る