カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. うつる病気 >
  5. アデノウイルスによる出血性膀胱炎

育児

アデノウイルスによる出血性膀胱炎

プール熱や流行性結膜炎などのウイルスの一種であるアデノウイルス。大人よりも子どもが感染しやすい尿路感染症の原因菌の一つです。

 

出血性膀胱炎とは

出血性膀胱炎は、尿道からウイルスに感染し、肉眼でわかるほど尿に血が混じります。一般的な尿路感染症では、尿が白く濁るのに対し、アデノウイルスによる出血性膀胱炎は、尿は濁りません。アデノウイルスの感染以外にも、薬剤や食物アレルギーなどでも起こることがあります。こどもでは、アデノウイルスの感染が一番多い原因です。

 

アデノウイルスによる出血性膀胱炎

アデノウイルスに感染すると、数日の潜伏期間を経て、排尿時の痛みと血尿が起こります。残尿感や微熱がでる場合もあります。アデノウイルスに効果がある薬は現在のところないので、自然に治るのを待つことになります。水分を十分にとり、排尿を促すことで、数日で症状が改善し、潜血反応も10日程度でひくのが一般的です。

 

子どものトイレの様子に注意

子どもが比較的よくかかるこの出血性膀胱炎ですが、子どもはきちんと症状をつたえないこともあります。なんとなく、トイレに行く様子がおかしいときには、小児科を早めに受診することをおススメします。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2013/08/27-381303.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

うつる病気に関する記事

妊娠前に抗体の有無を確認しよう!水痘抗体検査は必要?妊娠中の水痘感染のリスク・対処法

  水痘とは、水ぼうそうという名で知られるウイルス性感染症で、発熱と水疱疹が全...

心筋炎などのインフルエンザの合併症~子供の病気~

    主に冬季に流行するインフルエンザですが、さまざまな合併症を起こすことが...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

うつる病気の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る