カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. トラブル >
  4. 早産 >
  5. 妊娠中のトラブル!早産の危険性・・・不安への対処法

妊娠・出産

妊娠中のトラブル!早産の危険性・・・不安への対処法

 

 

妊娠から出産まで、誰しもが順調に進むわけではありません。中には“切迫早産”“早産の危険性がありますよ”などと医師から診断を受けたママも多くいます。想像をしていなかった「早産」という問題に直面したとき、言葉にならない不安が押し寄せてきます。不安への対処法は、どのような事が出来るのでしょうか。

 

◆自分を責めない。

まず大切なことは、自分を責めないでください。もちろん早産の危険性を引き起こした原因がはっきりと解っている場合(喫煙がやめられなかったなど)には、反省することが大切ですが、「なぜ私だけ早産に?」や「なぜ普通に産んであげられないの?」などと責めてしまっては、精神的にも良くありません。お腹の赤ちゃんのためにも、自分を責めないでください。

 

◆得る情報は“早産経験者”から。

早産に関しての情報を得ようと、ネットで調べてみたり、先輩ママから話を聞いたりするかと思いますが、「早産」に関しての情報は不安になる要素もたくさん含まれています。調べることで不安や心配が増し、かえって更なる精神的な負担を感じてしまうことも。早産に関しての情報を得たい場合には早産という問題に直面したママの体験談などが励ましになることも・・・。

  

◆NICUの先生やスタッフさんなどとの会話を積極的に。

現場のプロである医師やスタッフさんに、相談・悩みを打ち明けるなどを積極的にしてみてください。様々なケースを見てきた先生です、日々の生活での改善点や考え方・捉え方などのヒントが見つかることもあります。悩みや不安はためこまず!電話相談なども行っている病院もありますので、積極的に利用してみてください。

 

 

「早産」という問題と直面した時、出産は?産後は?赤ちゃんは?などと、次から次へ悩みや不安が出てきます。体も心も無理をしないことが大切です。かかりつけの医師や助産婦さんなどへ悩みや相談を打ち明けることで、妊娠期間中の今の自分に何が出来るのか対策なども事前に知っておきましょう。

 

(photo by: //www.ashinari.com/2012/05/01-361526.php )

著者: hatamaiさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

早産に関する記事

妊娠22週~37週未満に出産…早産を予防ためには

  早産とは、妊娠22週から37週未満に出産してしまうことをいいます。妊娠...

新生児集中治療室「NICU」に入る場合も…早産児が生まれたときの病院の対応

妊娠37週未満で赤ちゃんが生まれてしまうことを早産と呼びます。赤ちゃんが健康面...

早産の体験談

子宮頸管が短くなっていく??シロッカー法で子宮経管を縛る手術

妊娠21週の頃の検診で子宮経管が短くなってきていると言われました。 それまで子宮経管という言葉すら...

妊娠28週で出産!!③ ~出産~

ステロイド注射から48時間経ちました。 お腹の子は、その日もグリグリ元気に動いていて一安心。 し...

カラダノートひろば

早産の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る