カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. シックハウス症候群 >
  5. なんとなく不安な「ホルムアルデヒド」って、どんなもの?

アレルギー

なんとなく不安な「ホルムアルデヒド」って、どんなもの?

 

家具を購入する際や、家をリフォームする際などに耳にする「ホルムアルデヒド」。赤ちゃん用の衣類や雑貨などでも「ホルムアルデヒド対応」の表示を見かけることがあります。なんとなく体に害がありそうな感じはするけど、実際のところホルムアルデヒドとはどういうものなのでしょうか。

 

■毒性の強い有機化合物

ホルムアルデヒドは、毒性の強い有機化合物の一種。水に溶けやすく、35~38%の水溶液はホルマリンと呼ばれ、消毒・殺菌に用いられています。ホルマリンと聞くと、理科室の標本のツーンとした刺激臭を想像されるのでは。ホルムアルデヒドもホルマリンも、「毒物及び劇薬取締法」によって医学用外劇物に指定されており、廃棄する際には無毒化することが義務付けられています。

 

ホルムアルデヒドは、濃度によって粘膜や皮膚への刺激性などの急性毒性があり、蒸気は肺や気管支などの呼吸器系や、目、のどの粘膜の炎症を引き起こします。その毒性は、直接水溶液が目や皮膚に接触すると激しい刺激や炎症を起こすほど。発がん性も指摘されています。

 

シックハウス症候群となる原因のひとつであることから、近年よく耳にするようになりました。

 

■身近に使用されているホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは工業的に非常に重要で、フェノール樹脂、メラミン樹脂、ビニロンなどの合成原料として用いられており、建築資材関連や線維関連などで広く使用されています。カーテンやソファ、壁紙や家具など、身近なところにホルムアルデヒドが使われています。

 

かつては農業用の殺虫剤、殺菌剤にホルムアルデヒドが含まれていたことや、ホルムアルデヒドを含むメラミン樹脂の食器が学校給食で使用されていたこともあり、溶け出したホルムアルデヒドによって視覚障害が発生する事故もありました。

現在は建築関係や繊維関係、水質関係など、人体への影響が分かりつつある場面で、基準が設定されています。

 

じつは、ホルムアルデヒドは自然界にも存在する有機化合物です。例えば、石炭や木材、砂糖などの有機物が不完全燃焼すると、煙にはホルムアルデヒドが含まれます。煙を吸ったときに目や鼻の粘膜が刺激されるのはこのため。果物や野菜などの食品にも、微量ですが天然由来のホルムアルデヒドが含まれます。

 

工業化や気密性の高い住宅事情により近年話題となっていますが、じつは昔から身近にある物質なのですね。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/01/31-375826.php)

著者: seasideさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シックハウス症候群に関する記事

ホルムアルデヒドが引き起こす中毒症状を知ろう

  「シックハウス症候群」という名前を一度は耳にしたことがあると思います。...

化学物質過敏症とシックハウス症候群とアレルギーの違いとは?

  最近化学物質過敏症という言葉がちらほら聞かれるようになりましたね。この...


シックハウス症候群の原因「ホルムアルデヒド」の基準値とは?

  ホルムアルデヒドという名前を知っていますか?ホルムアルデヒドとは、最近...

カラダノートひろば

シックハウス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る