カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. 色々なアレルギー >
  4. シックハウス症候群 >
  5. シックハウス症候群の原因「ホルムアルデヒド」とは?

アレルギー

シックハウス症候群の原因「ホルムアルデヒド」とは?

ホルムアルデヒドが引き起こす中毒症状を知ろう

「シックハウス症候群」という名前を一度は耳にしたことがあると思います。シックハウス症候群は、住宅に由来するさまざまな健康障害の総称で、おもに住宅室内の空気の質に関する問題が原因となって起こる体調不良を指します。その原因のひとつとなっているのがホルムアルデヒド。ここではホルムアルデヒドによる中毒症状について取り上げたいと思います。

 

●建具や家具から揮発するホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドはさまざまな樹脂に含まれ、壁紙や接着剤、合板、塗料など、あらゆる建具に使用されています。また、じゅうたんやカーテン、家具にも広く用いられています。ホルムアルデヒドは揮発性のため、建具や家具などから空気中に漂ってきます。こうしたホルムアルデヒドを吸い込むことが、シックハウス症候群の原因のひとつとなっています。

 

●シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群の症状はさまざまで、はっきりとした症状を示さないことや、次々と症状が移行していくこと、不定愁訴といわれるような、本人にしか自覚できない症状であることもあります。

 

とくに、室内にいるときに鼻水・鼻づまりや鼻血がある、じんましんやしっしん、肌のかゆみや乾燥がある、耳鳴りやめまいがする、口が渇く、不整脈や心臓がドキドキする、目が痛い・かゆい、下痢や便秘、頭痛や眠気、集中力の低下などを自覚することなどが症状として挙げられます。

 

こうしたシックハウス症候群の原因を特定するのは難しく、カーテンやじゅうたん、家具などから揮発する化学物質や、日常生活用品、ダニやカビなど、さまざまな原因による室内空気の汚染が関係しているといわれています。新築やリフォームをしたときの化学物質だけが問題ではありませんが、原因のひとつにホルムアルデヒドがあることがわかっています。

 

燃えにくいカーテン、シワのつかないファブリック、濡れても平気な壁紙、安価な合板の家具など、便利なインテリア用品が出回っていますが、安易に購入するまえに、ホルムアルデヒドの基準を満たしているか確認することで、不快な症状に悩まされることを回避できるかも知れません。

 

ホルムアルデヒドってどんなところに使われているの?

ホルムアルデヒドと聞くと、発がん性物質であることや、頭痛、めまい、のどの痛みといったシックハウス症候群を引き起こす原因物質として、なんとなく恐いイメージがあります。

じつはこのホルムアルデヒド、私たちの生活にはなくてはならない、身近な物質のひとつです。では、実際どのようなところに使われているのでしょうか。

 

■水に溶けやすいホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは水に溶けやすく、消毒剤や防腐剤として使われています。ホルマリンの水溶液はホルマリンと呼ばれ、病院などでは使用する器具などの消毒に用いられ、畜産の飼養施設ではホルマリンの希釈液を噴霧して使用することもあります。また、養殖場で寄生虫駆除の目的で、生け簀にホルマリンを投入する場合もあるといいます。

 

■工業製品に欠かせないホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは安価なため、さまざまな樹脂の原料として使用されており、接着剤や塗料のほか、食器の原料や、線維の防皺加工、防水加工、保管時の防虫など、あらゆる用途に用いられています。

ホルムアルデヒドを使用して製造された建材や壁紙、接着剤などからホルムアルデヒドが空気中に放散されることにより、自宅や学校、病院やオフィスなどでシックハウス症候群などの中毒症状を起こすこともあります。

 

■しばしばニュースにもなるホルムアルデヒド

以前、大手衣料品店の乳児用の衣料から、基準を超えるホルムアルデヒドが検出されたことがありました。衣料は製造や保管の工程で、防虫や皺予防などのためにホルムアルデヒドを使用することがあります。また、利根川水系の浄水場で、ホルムアルデヒドが水質基準値を超えて検出され、1都4県の広い範囲に及ぶ取水停止や断水が発生した事件もありました。

 

強い毒性をもちつつも私たちの身近な環境で広く用いられているホルムアルデヒド。どのような場所で使われているか、どのような中毒症状があるか知ることで、不快な症状や不安を避けられるかもしれません。

 

シックハウス症候群の原因「ホルムアルデヒド」の基準値とは?

ホルムアルデヒドという名前を知っていますか?ホルムアルデヒドとは、最近注目されているシックハウス症候群の原因のひとつとなっている有機化合物のこと。家具や建築資材、壁紙を貼るための接着剤、塗料などに広く用いられています。

 

ホルムアルデヒドには揮発性があり、家具や建築資材などから少しずつ室内に放散されます。そうした空気を吸い込むことにより、室内にいる人が目や気管支などに刺激を感じたり、鼻水が出たり、高い濃度では呼吸困難やめまいなどの中毒症状を引き起こすことがあります。水に溶けやすく、強い毒性を持ち、発がん性物質としても認識されています。

ホルムアルデヒドによる中毒症状が起こることを避けるため、さまざまな場面で基準値が設けられています。

 

■室内濃度の基準

ホルムアルデヒドの室内濃度について、健康上望ましい目安となる指針を厚生労働省が示しています(0.08ppm相当以下)。また、国土交通省の住宅性能表示制度により、新たに家を建てた際などに要望すれば、ホルムアルデヒドの室内濃度を確認できることが定められています。新築やリフォームなどを行った際に、不安があればこうした制度を利用して、ホルムアルデヒドの濃度を確認してみるのもひとつです。

 

■家具や建具の基準

家具やカーテンなどを新調する際にホルムアルデヒドが気になる…。そんな人は「F☆☆☆☆マーク(Fフォースターマーク)」を参照すると良いでしょう。これは、JIS工場で生産されるJIS製品に表示することが義務付けられているホルムアルデヒド等級の規格で、Fの後につく☆の数(☆☆☆☆~☆☆)に応じて発散量が異なります。☆☆☆☆は発散量がゼロか微小で使用制限がない材料を示し、☆☆や☆☆☆の製品は使用面積や用途に制限がある材質です。

 

これらのほかにも、水道水や食品、衣料品などさまざまな分野で、業界ごとに基準値が設けられています。飲料水に関しては、国内の水道水ではWHOの指針値0.9mg/Lの10倍も厳しい値0.08g/Lが水質基準値となっています。衣料品についても業界自主規制により基準が定められ、子どもや大人の服が外衣1,000ppm以下・中衣300ppm以下、直接肌に触れる下着でも75ppm以下であるのに対し、ベビー用は16ppm以下と規制値が厳しく、対象製品も多くなっています。

 

基本的にいずれの基準値も厳しい値が設定されていますので、準値をひとつの目安として意識しつつ、満たしている場合にはあまり神経質にならずに接していけると良いでしょう。

 

(Photo by:http://www.ashinari.com/2012/05/22-362176.php)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-12掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

シックハウス症候群に関する記事

シックハウス症候群の原因「ホルムアルデヒド」の基準値とは?

  ホルムアルデヒドという名前を知っていますか?ホルムアルデヒドとは、最近...

ホルムアルデヒドってどんなところに使われているの?

  ホルムアルデヒドと聞くと、発がん性物質であることや、頭痛、めまい、のど...

カラダノートひろば

シックハウス症候群の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る