カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中期(5~7ヵ月) >
  4. 妊娠中期はいつ?妊娠中期のつらいつわりの原因と対策方法

妊娠・出産

妊娠中期はいつ?妊娠中期のつらいつわりの原因と対策方法

133749a25e4ebb88be63d47a51ee266f_s.jpg

妊娠中期になると、つわりがまだ終わってない人・再開してしまう人・つわりのつらさから解放された人…さまざまな妊婦さんがいます。

ただ、お腹が大きくなるにつれて、新たなつわりの要因ができてしまいます。

 

今回は、つわりと妊娠中期についてまとめました。

また、妊娠中期のつわりでは、どのような対策をとるとよいでしょうか?

見ていきましょう! 

 

妊娠中期ってそもそもいつ?

妊娠中期とは、妊娠5か月(16週)から妊娠7か月(27週)までの時期をいいます。

 

それまであったつわりもおさまり、あかちゃんに栄養を送っている胎盤も完成することで流産のリスクもぐんと低くなる時期です。

 

「安定期」とも言われ、妊娠に対する戸惑いも薄れて、心身ともに一番安定し手過ごしやすい時期と言えるでしょう。

 

妊娠5ヶ月

食欲が戻り、母体も皮下脂肪がつきやすくなります。また、黄体ホルモンの影響で体がむくみやすくなります。

 

むくみがひどい時は妊娠中毒症の可能性もあります。病院で相談してみましょう。

 

妊娠6ヶ月

お腹が目立ってきます。皮下脂肪がついて体が丸みを帯びてきます。

 

乳首をはじめ、体のあちこちに色素沈着がおきます。シミやソバカスなど肌トラブルが起きやすいでしょう。

 

妊娠7ヶ月

お腹がさらに大きく重くなることで、仰向けで寝ることがきつくなってきます。

 

妊娠前に比べ7~8kgほど増えるので当然ですが、少し動いただけで息があがってしまいます。階段などはゆっくり上りましょう。

 

お腹や太ももに妊娠線があらわれるので、気になる人は保湿をしっかりして、産後に残らないように注意しましょう。

 

ママと赤ちゃんの状態は?

子宮は大人の頭くらいに成長します。

また乳腺も発達してくるため、乳房も少しずつ膨らんできます。乳首の色や形が変わり始める方もいるかもしれません。

 

おっぱいやお腹がふっくらとして、だんだんと妊婦らしい体型になるのがこの時期です。

 

超音波検査は12週を過ぎた頃から、経腟プローブが経腹プローブに変わっているため、よく見るお腹に当てる超音波検査になります。

 

また、このころの赤ちゃんは全体的なバランスが、産まれるときの状態に近づいていきます。

 

骨格や筋肉も発達するため、20週頃には小さな胎動を感じれる方もいるでしょう。 

 

体重管理に注意しよう!

妊娠による体重増加は自然なことですが、つわりが治まる妊娠5ヶ月ごろから食欲旺盛になり、皮下脂肪もつきやすくなるため、急激な体重増加には注意しましょう。

 

体重が増えすぎると体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群(昔でいう妊娠中毒症)、妊娠糖尿病、微弱陣痛による難産、新生児仮死のリスクが高くなります。

 

体重は一般的には8~10kgまでの増加なら大丈夫だ、と言われていますが、一気に体重が増えるのは良くなく、1週間ごとに徐々に体重が増加していくのが理想的です。

 

(ちなみに、増加した体重のために、何が何キロ増えたのか、は、まだ正確には分からないのです。羊水かと思われる方もいますが、実は羊水は出産直前でも800ccほどしかなく、1kgもありません。)

 

しかし、現在の日本の女性においては体重が増えることのリスクよりも、ダイエット思考による痩せすぎのほうが心配されています。

 

痩せすぎですと、生まれてきた子供が早いうちから成人病になると言われています。

 

現に、子供の成人病患者が増えてきています。これを成人病胎児期起源説(FOAD説)といいます。

 

痩せすぎていても太りすぎていても母子ともにリスクが上がります。妊活の段階から普通の体型を目指しましょう!

 

食べる量と胎児の成長

妊娠初期は妊婦さんご自身だけの栄養で十分です。つわりもあるので無理せずに食べましょう。妊娠中期には胎児はグングンと育ちます。

 

胎児の成長のために鉄分、ビタミン、蛋白、カルシウムは欠かせません。妊娠後期はお腹がどんどん膨らみ、胃がさらに圧迫されます。

 

一気に多くの量は食べられなくなりますので、ちょこちょこと何回かにわけて食べましょう。胎児の成長もラストスパートをむかえます。

 

妊娠高血圧症候群とは

昔は妊娠中毒症と呼ばれていました。これは高血圧だけではなく、身体のいろいろな臓器が壊されてしまいます。

 

妊娠中の高血圧だけならば黄色信号、むくみや蛋白尿、頭痛に意識朦朧、けいれん、息が苦しい、尿が出てない等の症状も出たら赤信号です。すぐに病院で治療を開始しないといけません。

 

妊娠が継続出来るかどうかにも関わってきますので、安易に高血圧ごとき、と考えずに健康な時から塩分を控えた食事に気をつかいましょう。

 

また、食事だけでなく、40歳以上、肥満気味の初産の方はなりやすいので注意が必要です。

 

妊娠糖尿病とは

妊娠してから糖尿病になってしまうことを妊娠糖尿病といいます。これは胎児の成長に大きく関係する病気ですので妊娠中は常に血糖値を注意しなくてはいけません。

 

妊娠糖尿病になったら胎児は奇形を起こしたり、羊水過多や肺や肝臓の障害、巨大児に成長したりとさまざまなリスクがあります。

 

また生まれてきた子供は将来的に生活習慣病になる可能性が高くなると言われています。

 

微弱陣痛による難産とは

陣痛は強すぎても弱すぎてもいけません。陣痛が弱い場合、子宮はなかなか収縮せずに難産になってしまいます。

 

子宮収縮促進薬という薬を使ったり、場合によっては吸引しながらの分娩や帝王切開となったりします。

 

成人病胎児期起源説(FORD説)とは

生まれてきた子供が成人病になってしまいやすくなる、という最近注目されている学説です。

 

妊娠中の母体が栄養不足ですともちろん胎児も低栄養状態になってしまい、血管や腎臓、ホルモンなどに成長異常が起き、結果、子供が成人した時に糖尿病、高血圧、高脂血症になってしまうのです。

 

最近は妊婦さんと思えないくらいに痩せている方がいますが、先々の子供の健康を考えると肉付きがある程度いいほうが安心できますね。

 

妊娠中の体重増加量の目安

  • やせ型(BMI18.5 未満)

※160cmの場合47kg以下

妊娠全期間を通して:9~12kg

妊娠中期~出産までの1週間あたり:300~500g/週

 

  • ふつう型(BMI 18.5~25)

※160cmの場合48~64kg

妊娠全期間:7~12kg

中期~出産まで:300~500g

 

  • 肥満型(BMI 25以上)

※160cmの場合65kg

妊娠全期間:5kg

中期~出産まで:医師との相談

 

妊娠中のつわり

つわりの原因は?

妊娠すると必ずつわりになると考えている方も多いかと思いますが、その割合は50〜80%と言われ、全くつわりの症状が出ない方もいます。

 

しかし、なかなかつわりが良くならずに、重度のつわりとなる方は妊婦全体の2%ほどいらっしゃいます。

 

つわりは5週目から16週目頃まで続きます。症状としては、嘔吐、吐き気、唾液の増加、だるさ、頭痛、眠気、食欲不振、匂いや味の好みの変化が見られます。

 

余りにも症状が辛く、栄養が取れなくなってしまう、また、16週を過ぎてもずっと続いてしまう方は病院で点滴を受けたり、吐き気止めのお薬を出されたりすることもあります。

 

このような重度のつわりは妊娠悪阻(にんしんおそ)とよばれ、つわりよりも深刻な状態をさします。

 

ところで、実は「つわり」の原因ははっきりとは解明されていません。しかし、いくつか原因と考えられていることがあります。

 

考えられるつわりの原因

    • ・妊娠によって大量に分泌されるホルモンの影響で、身体が急激に変化し過ぎてしまい、調整機能が追いつかないため

 

    • ・胎盤が未熟でいる間は妊婦の身体が胎児を異物と認識してしまい、アレルギー反応が出ている

 

    • ・急激な身体の変調に自律神経のバランスが崩れ、一種の自律神経失調症を起こしている

 

    • ・激しく動いて流産をしないように母体と胎児を守るため、身体の中の毒素を出すため

 

  • ・プロゲステロンの増加によって筋肉が緩み、胃や腸の動きがわるくなって消化不良をおこすため

 

などといった考え方があるようです。

はっきりわかっていない原因でも、考えられる可能性がこれほどあるように、つわりの発生の仕方は人それぞれといえるのです。 

 

妊娠中期のつわり

妊娠が安定期に入れば「つわり」は終わると思っていたのに、妊娠中期になっても変わらない、もしくは再発・ぶり返しが起こるということはがありますよね。

 

自分だけでは?と不安になることもあるかもしれませんが、この症状は比較的よくあることのようです。

 

中期なのにつらい!なぜ?

妊娠中期にみられる「つわり」の特徴は胃のムカムカといわれます。

 

このムカムカの原因は、胎児の成長と共に大きくなった子宮が周囲の臓器や器官を圧迫し消化不良を起こしてしまうからといわれています。

 

この他にも、大きくなった子宮に圧迫されることで、これまでなかった不調を感じる方もいらっしゃるようです。

 

つわりを始めとする症状はつらいですが、赤ちゃんが順調に育っていると思えば我慢のし甲斐もあるのではないでしょうか。 

 

しかし、妊娠中期以降のつわりには、早産や母体の血栓症、脳症となる可能性があります。おかしいと感じたら、医師に相談してみましょう。

 

胃のムカつきからくるつわり

妊娠初期から感じるつわりの多くは胃の違和感や不快感です。

 

空腹時に気持ち悪くなったり、逆に何か食べてしまうと気持ち悪くなったり、つわりのタイプは様々ですが、胃のムカつきからくるつわりには、1回の食事量を減らして回数を多くしたり、胃に合う食材を見付けることが対策となります。

 

胃や腸の圧迫感からくるつわり

中期になると、お腹が大きくなってくることから、胃や内臓の圧迫が原因で気持ち悪さを感じてしまう人も多くいます。

 

後期に近づくにつれて、だんだん圧迫感や苦しさは増していってしまいます。

胃の圧迫感からくる悪阻には、できる限り横になって休む・締め付けない衣類を選ぶなどの工夫が必要です。

 

妊娠中期のつわり対策

つわり対策と食事

基本は食べたい時に食べたいものを食べます。

あれはだめ、これはだめ、と深く考えすぎると余計に食べるものもなくなり、そして食べてしまった時の罪悪感が増大してしまいます。

 

深刻になりストレスが溜まることのほうが妊娠中期の重症なつわりの引き金になってしまいます。

 

ところで、欧米ではビタミンB6が医師の経験からよく使われます。医薬品として飲むこともできますし、もちろん食品からも摂取できます。

 

ビタミンB6は、にんにく、酒粕、ピスタチオ、マグロ、カツオに特に多く含まれています。

 

東洋医学では生姜がよく使われます。生姜紅茶や生姜のアメ、生姜の漢方薬をつわりに用います。唾液つわりにも有効です。胃腸の動きが良くなるので食欲も増進します。

 

外出時には空腹にならないように、カバンの中にアメやお菓子を入れておきましょう。

 

早朝のつわり対策には枕元にお菓子や軽食を置いておきます。ちなみに英語でつわりは、morning shicknessといい、早朝に起こることから名付けられています。

 

また、つわりがひどい方は、血が濃くなりやすいのでスポーツ飲料を冷蔵庫に常備し、こまめに飲むようにし、血栓症のリスクを減らしましょう。

 

つわり対策と服装

服装も大切です。ウエストの締めつけがない服や、ウエスト部分がゴムのリブになっているものを着るようにしましょう。ズボンと腹巻が一体になったものもあり、実際お腹の部分が楽になります。

 

つわり対策とハーブ、漢方薬

ハーブティーでしたら消化促進作用のあるオレンジピールやローズヒップがおすすめです。ローズヒップにはビタミンも豊富に含まれているので一石二鳥です。

 

またガスがたまりやすい方にはペパーミントティーがいいですよ。すっきりとしているので唾液つわりの不快感も改善されます。

 

漢方薬では小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)が一般的です。妊娠中も安心して飲める漢方薬の一つで、生姜のスパイシーさが特徴です。

 

また食欲増進の効果もあります。病院で処方箋を書いてもらえますのでかかりつけの医師に相談してみてください。

 

つわり対策とメンタル

あとは何よりもリラックスです。外に行くもよし、家事をサボってたまに外食するもよし。

 

ストレスの多い妊婦さんは妊娠悪阻(にんしんおそ)という重症なつわりになりやすいのです。

 

妊娠の不安を話す相手がいなかったり、夫が非協力的だったりと、孤立してしまう妊婦さんは、つわりがなかなかおさまりません。

 

あまり完璧主義にならずに愚痴をこぼしたり、協力してもらうように頼ったりと、周りに甘えることもとても大切です。

 

妊娠中期のつわりがつらい…病院受診の目安は?

つわりはほとんど誰にでも起きることだし、それで病院に行ってもいいのかな、と思う方も多いようです。

 

つわりで病院に行くのは一般的で、病院でもつわりの治療には慣れているので安心してください。

 

体重が減り始めたら病院へ

妊娠中は普通体重が増えます。胎児が育つにつれてある程度体重が増えるのは、妊婦としては普通の状態です。

 

逆に心配した方がよいのは、体重が減ってきたときです。妊娠中に体重が減るということは赤ちゃんに適切な栄養が行っていないかもしれません。

 

つわりで吐き戻しが多いと体重が1週間に2-3kg減ることがあるかもしれませんが、3-5kgの体重減なら病院へ行ってください。体重は個人差もありますので、一概に何キロ痩せたら危ない、とは言えないのですが、目安は自分の体重の5%減少です。

 

また、これくらい体重が減ってきますと、脱水症状、血栓症、腹水・胸水などが心配になります。

 

症状としては、息が甘くアセトンのような匂いがする、痺れる、震える、意識がもうろうとする、痙攣する、めまいがする、などです。

 

これらがあった場合は、原則入院し、点滴を受け、吐き気とめと一緒に食事指導も受けることになります。また入院することで環境が変わり、ストレスが緩和されることもあります。

 

中期つわりでも、初期つわりと同じ治療

つわりの原因となるのはホルモン、そして中期以降は赤ちゃんがお腹を圧迫するためです。

 

ただ、つわりを直したいからといってホルモンの出を悪くしたりすれば当然出産に影響しますし、赤ちゃんを下におろすのももっと危険です。

 

そのため、つわりに対する治療はお母さんと赤ちゃんがしっかり栄養を摂れるようにすることに尽きるのです。

 

初期・中期・後期のつわりで病院に行っても、点滴を使用した栄養摂取を行うのが治療方法です。

 

栄養の点滴のほかに、場合よっては吐き気とめの薬メトクロプラミドや、ビタミンB6のピリドキシンが出されます。

 

つわりは多くの妊婦さんに起きる症状ですが、体重が減り始めたら病院に行った方がよいです。

 

妊娠中期のつわりで気をつけること

妊娠中期のつわりで脱水症状になると、母体の血が濃くなり血栓が出来やすくなります。

 

この血栓が足にできれば足がむくみ、足首のクビレがなくなってきます。そしてその血栓が肺や心臓の血管をつまらせてしまうことがあるので要注意です。

 

脱水になると痺れたり、冷えたり、意識がもうろうとしてきたり、震えてきたりしますので、そのような時は急いで病院へ行きましょう。

 

つわりの時にやってはいけないこと

つわりの症状はいくつかあり、その対処方法もそれぞれですが、絶対にやらない方が良いとされることがあります。

 

何も食べない

まず、「吐きつわり」の方などがやりやすい何も食べないといった状態です。

 

過度の空腹は、胃の粘膜が荒れる原因にもなりますし、粘膜が荒れると「つわり」に加えた食欲不振が生まれてしまいます。(妊婦さんは寝起きの空腹時が一番つわりになりやすいので、枕元にお菓子を置いておく方もいるくらいです。)

 

また、栄養が不足することで赤ちゃんに十分な栄養が行き渡らなくなってしまうと共に、自分自身も低血糖やめまい、貧血などを引き起こしてしまう可能性があります。

 

アルコール・ジャンクフード

次に、医師にも必ずいわれるとは思いますが、アルコールの摂取は止めておきましょう。

 

併せて、ジャンクフードやインスタント食品も塩分糖質の過剰摂取をまねきますので控えるようにしましょう。

 

ただし、少量ならばアメを舐めたり、口当たりのいいアイスクリームを食べても大丈夫です。

 

食べ過ぎ

そして、意外かもしれませんが食べ過ぎもやってはいけないことです。

「食べつわり」の場合、食べる回数を増やして量は増やさないようにしましょう。

 

妊娠初期はまだ問題ないかもしれませんが、中期以降は体重管理も妊婦の大切な仕事です。

つわりを理由に食べ過ぎの習慣をつけてしまうと、後々困ることになる可能性があります。

 

肩こり・腰痛を避けたい!妊娠中期のラクな姿勢

妊娠中期のママの身体は、お腹が重くなることで筋肉の使い方も変わってきます。

 

姿勢が悪いと肩こりや腰痛などのマイナートラブルの元です。また苦しい姿勢は赤ちゃんにも負担をかけているかも知れません。

 

まっすぐ立つ

妊娠中は、無意識にお腹をかばうような姿勢になっていることが多いです。

そのため、背中が曲がり、血行が悪くなることで、腰痛や肩こりなどの症状が出てしまいます。

 

背筋をのばし、前を向いて歩きましょう。

できるだけヒールの低いフラットな靴を履いた方が良いです。

 

座るときは背もたれに体を預ける

仕事でパソコンを使う時など、どうしても前かがみになるため、お腹を圧迫し苦しくなってしまいます。

 

お腹がきゅうくつだと赤ちゃんも苦しいはずなので、ときどき背もたれに体を預けて解放させてあげましょう。

 

また、デスクの下に足台を置き、足を少しあげると腰の負担が楽になります。

 

階段は手すりをもつ

お腹が大きくなると、まっすぐ下が見えなくなります。

階段は危険なので、手すりをもちましょう。

 

上りは体力的にもきついので、ゆっくり一歩づつ上り、途中疲れたら休むようにしましょう。

 

寝るときはラクな姿勢で

昼間の忙しさから解放されてベッドに横になると、赤ちゃんもストレスから解放されてよく動きます。

 

胎動を感じながら、ママも赤ちゃんも楽な姿勢で眠りにつきましょう。

 

妊娠中期~後期にかけてはお腹がだんだん重くなり仰向けが苦しくなるので、横向きに寝ましょう。

 

股の間にクッションを挟むとラクに寝られます。

 

あぐらで座る

「あぐらは良くない」という人もいますが、お腹を抱えるような体勢になるのでラクになります。

 

股関節まわりの筋肉をやわらかくして安産にもつながりますので、自宅で座るときなどは、あぐらで座ってOKです。ただし背中を丸めない・足を組まないように注意してください。

 

最後に

妊娠初期から続くつわりが楽になり、少しずつマタニティライフも慣れてきたころ、初期で感じたつわりの再開や、胃・内臓の圧迫感が始まるのは妊娠中期からです。

 

お腹が大きくなるにつれて、胃や腸・肺の圧迫感が増していきます。

出産に向けて、体質の変化も出てくる時期なので、無理のない生活がいちばん大切です。 

 

(Photo by: http://www.photo-ac.com/ )

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-12-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

妊娠中期(5~7ヵ月)に関する記事

旦那に尽くしてばかり…上手にお願いして妊娠中旦那に尽くしてもらおう

あなたは「尽くしたい」でしょうか「尽くされたい」でしょうか? 女性の場合、どち...

辛い悪阻を乗り切る、オーラルケア!

    辛い辛い悪阻期間!胃の違和感や匂いからくる気持ち悪さ以外にも、口の中...

妊娠中期(5~7ヵ月)の体験談

順調にお腹の赤ちゃんが成長!3Dエコーで確認

胎動も日に日にはっきりしてきて、日々赤ちゃんの成長を感じます。 3Dエコーのおかげでだいぶ赤ちゃん...

浮腫みがすごい>< 解消法は。。。??

私は妊娠6ヶ月くらいからつわりも殆どなくなり、だんだん食欲が旺盛になってきました。 病院でも体重管...

カラダノートひろば

妊娠中期(5~7ヵ月)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る