カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. >
  4. 歯列矯正 >
  5. 八重歯がある人とない人がいるのはどうして?

気になる病気・症状

八重歯がある人とない人がいるのはどうして?

 かわいいというイメージもある八重歯。どうして八重歯のある人とない人がいるのでしょう。

 

■八重歯はせり出した犬歯

「八重歯」というのは俗称で、正確には「上顎犬歯の低位唇側転移」といいます。上側の犬歯(上顎犬歯)が、歯列より前(低位唇側)にせり出して、牙(転移)のようになっている状態ということです。


成人の歯は、上顎と下顎それぞれに14本ずつの合計28本あり、一般的には6歳ごろから乳歯から永久歯へと生え変わります。

生え変わる順番は、最初に第一大臼歯(上の奥歯から2番目)が生え、次に中切歯、側切歯(上下の前歯)が、最後に第二大臼歯(上の奥歯)という順番で生え変わっていきます。

 

だいたい12歳~13歳ごろまでにすべての歯が生え変わりますが、八重歯となる上顎の犬歯は、11歳~12歳頃と、比較的遅い時期に生え変わります。

このため、すでに歯が生えるスペースがいっぱいで場所がない場合や、顎の大きさが小さく歯の大きさとのバランスが取れない場合などに、外側にずれて生えてしまいます。これが、八重歯となる主な原因です。

■どうして牙みたいに尖っているの?

正常な位置にある犬歯は、肉など固いものをかみ切るときに使用する歯として、日々使われ、先端が丸くなっていきます。

しかし八重歯はかみ合わせができないため、使用されずに尖ったままとなります。

 

■八重歯の予防は子どものときから

八重歯は男の子よりも女の子に多く、右側よりも左側に多い特徴があります。これには噛む力と、右利きが多いことと関係しているようです。また、骨格的な遺伝も関係していると言われています。


八重歯にならないようにするためには、しっかりと噛んで食べることと、食事の内容も軟らかいものばかりではなく、顎を鍛える固いものも日常的に食べることが重要となります。


八重歯に限らず、健康な口腔環境をつくるためにも、子どもの頃から適切な食生活を身につけることが大切なのですね。

(Photo by: //www.ashinari.com/)

著者: seasideさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯列矯正に関する記事

【 矯正後の後戻り 】リテイナーはいつまでやるの?!

    歯の並びをよくするために「矯正」をすると、その後には必ず「保...

【 治療期間が短く経済的?! 】部分矯正よく考えて!

    矯正というとほとんどの方が歯列全体にわたってワイヤーをつなげ...


歯列矯正ってどれくらいの治療期間を想定していればいいの?矯正治療期間の目安

  歯並びの悪さを矯正すると言っても、歯並びの悪さの程度によってどんな矯正法が...

抜歯矯正で「ほうれい線が出る」?「顔が痩せる」?抜歯で気になる顔の変化って何?

  大人になってから顔の印象をよくしようと、歯並びを治療する方もいると思います。...

カラダノートひろば

歯列矯正の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る