カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 介護・認知症 >
  3. 骨折 >
  4. 基礎知識 >
  5. 転倒により費やされる莫大な医療・介護費用!いくらくらいになる?

介護・認知症

転倒により費やされる莫大な医療・介護費用!いくらくらいになる?

高齢社会の進展により、増加する高齢者の転倒は、骨折などのさまざまな重症外傷を起こして経済負担を増加させます。転倒・骨折にかかる医療費・介護費はどのくらいになるのでしょうか。

 

増加する大腿部頚部骨折

重症外傷のなかでも、特に大腿部頚部骨折は増加し続けており、直接原因の85%ほどが転倒に基づいています。

この事実から計算すると、転倒が全医療・全介護費用の約2%を費やしていることになります。

これらの費用をいかに効率よく削減できるかが21世紀の医療に求められている課題なのかもしれません。

 

転倒・骨折にかかる医療費・介護費

1. 大腿骨頚部骨折の発生数(人/年間 2002年例):117900人

2. 骨折に伴う医療費(132万円/人):1556億円

3. 骨折由来寝たきり高齢者(13.6%):16034人

4. 在宅要支援・介護者(330万人/402万人の比率):13162人

5. 在宅介護諸費用(要介護1)/年(16.58万×12月):198.96万円

6. 総在宅介護費用(4×5/年):261.9億円

7. 施設内要介護者(72万人/402万人の比率):2872人

8. 施設内介護費用(要介護3)/年(8440円×365日):308.06万円

9. 総施設内介護費用(7×8/年):88.5億円

10. 骨折に伴う総介護費用(6+9/年):350.4億円

11. 5年間要介護に伴う総介護費用:1752億円

12. 骨折に伴う総医療・介護費用/年(2+11):3308億円

13. 転倒に伴う医療・介護費用(12×2.2):7277億円

 

(引用元:「高齢者の転倒防止」林 日本老年医学会雑誌 44巻 5号(2007:9)(591~594ページ)

 

このように、転倒に伴う骨折が莫大な医療・介護費用を費やしていることは一目瞭然です。

 

骨折予防の側面から転倒に伴う医療・介護費用を抑えるためには、薬物療法で骨強度を高めて骨折しにくくすることに加えて、全国的に太極拳などのバランス運動を普及させて一次予防として転倒予防を図り、骨折を防ぐことが費用対効果の面で勧められるとされています。

 

(Photo by://www.ashinari.com/2013/09/12-381962.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

基礎知識に関する記事

高齢者の骨折治療~様々な治療法~

骨折した際の治療法は、骨折の部位と骨折の状態によってことなります。   ...

高齢者に多い脊椎骨折 尻餅や強めの咳をしただけでも骨折に!?

骨粗鬆症のなどのある高齢者に特に多く認められる骨折のひとつに脊椎骨折があります...


お年寄りは要注意!咳による疲労骨折とは

あまりにも咳がひどいときには胸が痛くなるという方もいます。咳をするたびに胸が...

高齢者の骨折原因は転倒!転んでしまう原因って何?

  高齢者の骨折は、加齢や骨粗しょう症などによる骨密度の低下に加え、転倒などの...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る