カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症 >
  6. 高齢なほど危険…高齢出産とダウン症児出生率の関係とは?

育児・子供の病気

高齢なほど危険…高齢出産とダウン症児出生率の関係とは?

 

35歳以上の高齢で出産する場合、ダウン症の可能性が高くなることは知られていると思います。

 

 

確率

日本では新生児700人から800人に1人という確率でダウン症が認められています。ダウン症は染色体異常の病気の中で最も多いものの一つで、高齢出産のリスクとして言われることが多くあります。具体的にその確率の変化は以下のようになります。

20歳…約1500分の1

30歳…約1000分の1

35歳…約400分の1

40歳…約100分の1

45歳…約30分の1

このようにしてみると高齢になるほどダウン症児の出生率が多くなるのがわかります。

 

なぜ高齢になるほど確率が高くなるの?

高齢になるとダウン症児の出生確率が高くなるだけでなく、出産に際しての様々なリスクが出てきます。その中でもダウン症の出生確率は目に見えて高くなるのはなぜなのでしょうか。そもそも女性が一生のうちに作り出す卵子は生まれてきた時点で決まってしまっています。そのため高齢になればなるほど卵子の数は減っていきますし、卵子の質も落ちていきます。それは高齢になる程に卵子を分裂し、排卵するといった機能の精度も低下していくことになりますから、それが染色体異常を引き起こす要因の一つになっていると考えられています。

 

あくまで確率

これらはあくまでも確率の話です。高齢でダウン症でない子どもを授かることもありますし、20代でダウン症の子どもを授かることだってあります。子どもを授かること自体はそういった確率でどうこう言えるものではありません。授かりものという考え方をできれば年齢と関係なく授かった命を受け入れることができるのではないでしょうか。

 

 

ダウン症児の受け止め方は人それぞれだと思います。決して過度に楽観的に考えるべきものではありませんが、悲観的に考えすぎるものでもありません。

 

 

 

(Photo by: [//www.ashinari.com/2009/02/23-014450.php?category=51])

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ダウン症に関する記事

ダウン症児は保育園・幼稚園はどうするの?

ダウン症児の場合、教育機関の選択肢が普通の場合と違ったり、同じでも大丈夫であっ...

染色体異常の病気「ダウン症」について

 染色体異常の病気のひとつがダウン症です。   ●ダウン症の症状 ダウン症の子...

病気と症状の体験談

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

突発性発疹やノロウイルス。子供たちがかかった病気

我が家の二人の娘たちがかかった病気について書いて行きたいと思います。 ほとんどの赤ちゃんがかか...

カラダノートひろば

ダウン症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る