カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 染色体異常 >
  5. ダウン症児は保育園・幼稚園はどうするの?

育児

ダウン症児は保育園・幼稚園はどうするの?

ダウン症児の場合、教育機関の選択肢が普通の場合と違ったり、同じでも大丈夫であったりします。

 

療育施設

ダウン症の場合、小さい頃から療育施設に通っていることが多くあります。療育とは治療教育のことで、病気がある中でその子の持つ可能性を最大限伸ばしていこうというものです。

 

療育施設では専門スタッフの下で、食事や排泄など日常生活の訓練を中心にして行い、親は子どもの訓練をそばで見守ります。ここではダウン症だけでなく身体的障害のある子などの訓練も行っており、同じ悩みを持つ親との情報交換の場にもなります。

 

保育園・幼稚園

療育施設では同じような障害を持った子との交流しかありません。そのためある程度療育施設で出来ることが増えたら、保育園や幼稚園への入園も考えていきます。

 

実際に保育園や幼稚園に通っているダウン症児も数多くおり、子どもと少し距離をおくことは親にとっても成長になりますし、気持ちや物理的な時間の余裕も生まれます。

 

ただし、どの保育園や幼稚園でも入園させられるかというとそうではありません。受け入れる方の実績や受け入れ態勢も考慮しなければなりませんから、事前に確認・相談をする必要があります。

 

保育園

保育園の場合預かりの時間が長いので、親御さんの時間的余裕は大きいでしょう。保育が目的のため、ある程度自分のことを自分でできることが必要かもしれません。ただ、数字や文字といった学習的側面は弱いです。

 

幼稚園

就学前のトレーニングとしては、幼稚園のような規則正しい生活はよいかもしれません。ただ預かる時間は保育園より短く、それに加えて夏休みなどの長期休暇の過ごし方も考えておかなければいけません。

 

 

成長のペースがゆっくりのダウン症児は、通常の子とうまく接することは難しいかもしれません。

 

しかし、子ども同士でしか受けられない刺激や引き起こされる感情が成長に必要な部分も大きいので、うまくできない中でどうしていくかと考えるほうがよいかもしれません。

(Photo by: [http://www.ashinari.com/])

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

染色体異常に関する記事

男性なのに女性的になる!?染色体異常「クラウンフェルター症候群」の治療法

自分が男性だと思っていて、体も男性の体であるのが健康な状態です。 しかし今...

身体を健康に保つためにママパパがしてあげたいこと

  知能を伸ばすことと並んで、身体の治療教育もダウン症では重要です。早期から身...

病気と症状の体験談

正月に発熱~病院も正月休みで初めての救急へ~

娘が12月中旬に一度風邪をひき、薬を飲ませ完治。年末年始にまた風邪を引くことはないだろうと思っていま...

1歳1か月で、突発性湿疹になりました

我が家の三女、1歳1か月 先日、ついに突発になりました~高熱が4日間!!先日、我が家の三女が突...

カラダノートひろば

染色体異常の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る