カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 食事療法 >
  5. レシピ >
  6. 脂質異常症の食事療法に和食が良い理由って?

生活習慣病

脂質異常症の食事療法に和食が良い理由って?

        

脂質異常症の食事療法の原則としては低カロリー低コレステロールです。

食事療法のレシピとして、1食400kcal以下、コレステロール100㎎以下の献立のレシピを紹介致します。


メニューは和食で「ごはん」「お刺身」「わけぎとかまぼこの鉄砲和え」「こんにゃくのかみなり煮」です。

 

1. ごはんとお刺身

材料

米飯  …100g

かつお …50g(3切れ)

きゅうり(つま) …30g

しょうゆ     …10g

わさび 少々


2. わけぎとかまぼこの鉄砲和え

材料

わけぎ     …50g(5本)

焼きかまぼこ  …5g

白みそ …10g

酢   …4g

砂糖  …小さじ1

だし汁 …10ml

からし …少々。


1.わけぎはゆがいて冷まし、2㎝ぐらいに切っておく。
2.焼きかまぼこは薄く切り、短冊にする。
3.白みそに酢・砂糖を入れ、だし汁でのばし、辛子も混ぜておく。
4.これらを和える。
(わけぎが緑色なので、焼きかまぼこでなく、桃色のものを使っても彩がきれいで良い。)


3. こんにゃくのかみなり煮

材料

こんにゃく …60g

油     …3g

花かつお  …大さじ1弱

みりん   …小さじ1/2

しょうゆ  …小さじ1弱

 

1.こんにゃくはさっとゆがき、表面に切り目を入れて2㎝角に切っておく。
2.油を引いた鍋にこんにゃくを入れ、良く炒める。
3.火が通ったら花かつおをもみ散らし、みりん、しょうゆを入れて炒める。
(こんにゃくは火の通りが悪いので良く炒めておく。)

 

1~3の3品でエネルギー323Kcal,蛋白質20.7g、脂質5.0g、糖質47.4g、コレステロール88㎎となっています。

かつおは赤味魚で比較的コレステロール含有量が多いのですが、3切れ程度で他にコレステロールの多い食品が含まれていなければ、問題なく摂取可能です。

 

コレステロールは殆どの食品に含まれていますが、野菜やこんにゃくはコレステロールはほぼゼロで、かまぼこも低めです。コレステロールを含んだ食事であってもわずかであれば摂取出来るということになります。

 

和食はカロリーも低めでコレステロールが低めに設定できる上、かさも多いため、脂質異常症の食事療法には向いていると言えるでしょう。

 

 

(Photo by://www.ashinari.com/2011/12/13-354724.php )

著者: kyouさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

レシピに関する記事

高血圧の方にも☆シーフードでヘルシーご飯☆パエリア

イカは脂質の少ない低カロリーの食材です。 エネルギー制限を必要とする方は安心して...

マグロの力で血栓を防ぐ!夏バテにぴったりな食材を使ったマグロの湯引き漬け

  シンプルでご飯に合うおかずは日本人の食の定番とも言えます。 ですが漬物や...


残ったおモチ…あっさりレシピで消費!揚げもちのイクラおろしあえ

お正月に食べきれなかったお餅を消費する手軽なレシピです。 お餅を揚げていま...

魚と野菜のコンビ使いで上手に栄養摂取

  脂質異常症(高脂血症)の治療と言えば食事療法が中心です。まずは食事療法、運...

カラダノートひろば

レシピの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る